1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

鈴木ちなみ(2)「腹部をグリグリと揉まれて」

アサ芸プラス / 2013年1月22日 9時59分

 もちろん体当たりレポートは、数多くある。12月22日の放送では、カリフォルニアのリゾート地・パームスプリングスでエステを体験。

 まずはプールとジャグジーのある豪華な待合室でバスローブ姿に着替えるとマッサージのルームへ。ベッドにうつ伏せに寝そべってローションを太腿にすり込まれる。

「金粉の入ったローションをスクラブしてもらっていますぅ」

と、またもや興奮気味に実況すると、今度はベッドであおむけになるやビキニブラの下はまる出しとなった腹部を中心から左右にグリグリ揉まれるのだ。

 股間のビキニパンツは、もはやギリギリのラインまでズリ下げられる。

 と、ここで「これが早朝番組なのか!?」と我が目を疑う光景が!

 引き下げられた真横からカメラが捉えると丸い腰骨がクッキリ白く浮かび上がる。さらにカメラがやや上位置から下腹部を捉えると、ちなみ嬢の細くくびれた腰骨から、さらに大事なデルタゾーンまでがのぞくかと思うほどの「スレスレ痴態」を披露するのだ。

 東京・神保町のお宝グッズの殿堂・「文献書院」の峰岸隆人店長は言う。

「人気の秘密はスタイルのいい美人なのに、何でも話を聞いてくれそうな雰囲気でしょう。これが幅広く支持を得ている。彼女がグラビアに登場した週刊誌やマンガ誌は、一時の吉木りさや篠崎愛のような熱狂的ファンがついており、現在も品薄です」

 癒やし系お姉さんとしてはAKB48の篠田麻里子の例もあるが、ちなみ嬢の3サイズはB80・W60・H86。

「バストサイズは80センチのEカップということですが、写真集を見るかぎりそれ以上のサイズはあるように見えるのですが‥‥。90年代に多かったイエローキャブ系のムッチリ体型の巨乳ではなく、眞鍋かをり、市川由衣、大島優子などと同じで、体型そのものは細い21世紀型巨乳タイプと言えます」(前出・織田氏)

 そんな彼女の揺れる胸元をたっぷり堪能できるのが昨年春にオンエアされたセシールの「3Dブラ」のCMだろう。

 ブラ一枚にこぼれんばかりのバストを詰め込み、「プルンバストが楽々ノンワイヤーでできたから」

 と、バストをプルルンと弾ませるのだ。オレンジ色のブラと白いおわん形の乳房のコントラストが鮮やかなお宝CMだろう。

「ツイッターなどSNSでは、鈴木ちなみさんが出演しているということで注目されているコメントが多く見受けられました」(セシール広報部)

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング