北川景子、“ブタ扱い”近藤春菜に「心まで美しい様」発揮で絶賛が止まらない!

アサ芸プラス / 2018年11月13日 5時59分

写真

 見た目同様、中身も美しかったようだ。北川景子が「VS嵐」(フジテレビ系)出演時に見せた、ハリセンボン・近藤春菜への気遣いに、絶賛が鳴りやまない。

 嵐チームとゲストチームがアトラクションゲームで対決する同番組。11月1日の放送回に登場した北川は嵐チームの助っ人として、近藤は嵐チームと対戦する女性芸人チームとして出演した。ところが、対戦中には嵐の松本潤が「ちなみに好きな豚肉料理は生姜焼きです」と、近藤に脈絡もなく発言。嵐の面々は豚を連想させるような発言を近藤にするなどして、近藤は「ブタじゃねえから!」とお決まりのツッコミを披露する場面が数回見られたのだ。

 この近藤イジリの流れを見て、北川もゲーム開始前に意気込みを聞かれると、「ブタなんかに負けないぞ」と、空気を読んで、近藤イジリに加担。スタジオはさらなる笑いに包まれた。しかし、北川はセットチェンジのためカメラが止まり、演者たちが舞台裏に下がるタイミングで近藤に駆け寄っていき、「すみません」と、近藤にイジッたことをお辞儀をして謝罪。まさかの謝罪に近藤も「全然いいんです」と謙遜して、観覧客に向かって「いい子なんです」と、北川が本当にいい人であることを紹介したのだ。

「北川は近藤をイジッた直後にも両手を合わせて、申し訳なそうな顔して謝罪している素振りをみせていましたが、カメラが止まった後も改めて謝罪している姿には驚いた視聴者も多かったようです。そして近藤自身も北川の配慮に驚いていたように見えました。また、今回の番組で近藤は『北川には間接的にお世話になっている』と説明する場面もありましたね。何でも、自身ののどの調子が悪い時に、近藤の出演番組を見てそれ察知した北川が、近藤とレギュラー番組で共演する夫のDAIGOに、『春菜さん、のどの調子おかしいから、この保湿器教えてあげて』と伝達。DAIGOが近藤にオススメの保湿器を教えて、それを近藤が実際に購入したことがあるということでした。そのため、北川の好感度は急上昇し続けているようですね」(エンタメ誌ライター)

 また、ネット上では「近藤さんはこういう人と友達になるべきだよ」「北川さん、近藤さんと友達になってあげて」などといった声も上がっている。

「交友関係が広い事で知られ、ベッキーや吉高由里子、森矢カンナ、水川あさみなど、そうそうたるメンバーを集めて『春菜会』と呼ばれる食事会を開いていることでも有名な近藤ですが、その会では、近藤が参加者全員の飲食代を全額オゴり、さらには“お車代”として1人1人に1万円ずつを配っているとも報じられています。そのため、仲良くする相手をもう少し考えるべきでは? といったツッコミも世間から出ていただけに、『VS嵐』を見た視聴者からは、北川と仲良くすべきというお節介な声も上がっています。確かにイジったことを改めて謝罪するなど、礼儀を重んじる北川ですから、タクシー代を請求することはないでしょうし、もらう流れになっても断るでしょうからね」(前出・エンタメ誌ライター)

 今後はぜひ、DAIGOを通じてのような、間接的な付き合いではなく、直接的に付き合ってあげてほしいものだ。

(田中康)

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング