1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

「悪役商会」八名信夫が語る“悪役の心得”

アサ芸プラス / 2013年1月30日 10時0分

 俳優歴55年、ご存じ「悪役商会」の八名信夫(77)。大ベテランが語る“悪役の心得・3カ条”とは――。

 まずあげたのが、“媚びない”ということ。

「役者ってのはね。主役に媚び、プロデューサーに媚び、監督に媚び‥‥まあ、また使ってください、よろしくお願いしますってことだな。でも、それじゃ、悪役はできない。目が死んでしまうんだよ。たとえにっこりしていても、目の奥に殺意がなくてはいけない。そのために大切なのは、主役を嫌うこと。コイツ、いつか殺やってやると、気持ちのうえでは思ってないと。今の若い衆に言ってもわからないだろうけど、俺らの頃は、撮影所に入ったら(主役とは)モノも言わなかったもんね。あちらから、『ここに来て、一緒にメシ食えよ』と言われても、『いや、いいっす』。何だ、この野郎って思われたこともあったけど、それはそれでかまわない」

 さらに、媚びない意味には心的なモノだけではなく、物理的なモノもある。

「目先の銭を追うな。当時の東映は撮影の場で、いくらやるからやってくれ‥‥ということが多かった。でも、そんなことやっちゃいけない。キチンと台本を読んでからやらないと、悪役に深みが出ない」

 まさに、悪役心得の基本といった感だが、次にあげたのは技術的、あるいは細心の心遣いであった。

「“主役にケガをさせない”これは絶対的に大切なこと。俺は体が大きいし(元プロ野球選手)、動きには自信があった。もちろん、自分がケガをしてもダメ。主役に最高の配慮をしつつ、自身の動きも計算しなくちゃいけない」

 そんな八名でも、不可抗力はある。“事件”は鶴田浩二主演のとある映画の撮影現場で起きた。

「俺が鶴田さんに斬りかかるシーンで、それを後ろから若山(富三郎)さんが羽交い締めにして止める。当時、東映では重量感ある迫力を出すため、刀は竹光ではなくジュラ(ルミン)だった。そうしたら、若山さんの眉間にパーンと当たってしまって。当然、NGなんだけど、監督が『若山さん、血が出てますよ』‥‥。そうしたら、『おどれ! 役者の顔に傷つけやがって』と激高してね。殴りかかってきた」

 スター俳優・若山のことである。そこで済めばあるいは事なきを得たかもしれなかったが、済まなかったのは目の前のいまひとりの大スターだ。

「鶴田さん主演の映画ですからね。『八名は俺が連れてきたヤツだ。何だ、手出しやがって! こんな映画出ていられるか。中止や』と行ってしまった。いやあ、あの時はエライことになった! 東映辞めないかんと思いましたよ(笑)」

 結果的に騒動は、鶴田と“兄弟分”とも言われた名物プロデューサー・俊藤浩滋(故人)が鶴田の顔を立てる形で収拾をつけたという。八名は文字どおり肝を冷やしただろうが、この騒動で八名を気に入った若山によってその後、若山組の映画に出演するきっかけになったというのだから、塞翁が馬とでも言うべきか。

 そして、最後に3つ目としてあげたのが、“意外性”である。

「深作監督の『いつかギラギラする日』。これで、ギャングの親分を演じたのですが、アンパンを食いながら、子分に指示を出した。いつも、葉巻とかありきたりのモノでは能がない。これは、『仁義なき戦い』の金子信雄さんや、外国人俳優‥‥アンソニー・クインを参考にした。ユーモアの中にもキチンと殺意は抱いている、みたいなね」

 今でも、刑事役・善人役などは、

「おさまらない、落ち着かない(笑)」

 と言う八名。それだけに、深い3カ条と言えよう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング