巨大玉袋の前でニッコリ!ローラの「意味シン艶ショット」に大反響

アサ芸プラス / 2018年12月14日 5時59分

写真

 モデルのローラが「男性のシンボル」といっしょの写真を公開し、男性ファンをざわつかせている。

 問題のショットは12月10日にインスタグラムで公開した3枚の写真のうちの1枚。黒光りする男性のシンボルと大きく広がったタマタマの袋をバックにローラが笑みを浮かべている。ちょうどローラの頭のあたりに袋があり、意味深な構図だ。女性であれば思わず顔を赤らめてしまうかもしれない。

「ローラの背後に写っているのは巨大なタヌキの像です。タヌキは下半身に何も身に着けていないので、チョコンとした竿の部分と大きく垂れ下がった袋が見えている。その前でローラがポーズを取っています。体にピッタリとフィットした服でスカート丈はひざ上30センチ。美しいナマ脚が目を引きますね。そんなローラが玉袋といっしょに写っているわけですから、男性ファンが妙な気持ちになるのも当然でしょう」(週刊誌記者)

 ローラがなぜこんな写真を撮ったのかは不明だが、場所は明らかになっている。滋賀県信楽町の信楽焼の卸売店の前にある巨大なたぬき像だ。

「この投稿で3枚の写真が公開されているのですが、他は東京タワーと鯉が泳ぐ日本庭園の池。一貫性がなくとても意味深ですね。東京タワーはそそり立つ男性のシンボル、鯉は女性のシンボル、そしてたぬきの玉袋で、この投稿は男女の営みを表しているのではないかという推理も出ています。つまり彼女にそうした欲求があるのではないかというんです(笑)」(前出・週刊誌記者)

 真相はもちろん不明だが、いろんなことを想像させるという意味で、“インスタ映え”している写真とも言えそうだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング