1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

ローラ特番打ち上げの泥酔→嘔吐で“ゲローラ”呼ばわり

アサ芸プラス / 2013年2月1日 9時54分

 昨年末、「笑っていいとも!」の打ち上げで、泥酔のあげく、ゲロまで吐いていたことをバラされたローラ(22)。そして、付いたあだ名が「ゲローラ」。その酒乱私生活をのぞいてみると‥‥。

 ローラの“粗相”が明らかになったのは、爆笑問題の2人がパーソナリティを務めるラジオ番組「JUNK 爆笑問題カーボーイ」でのこと。ある打ち上げでのローラの酔っ払いぶりを、番組内で暴露したことから、一気に話が広まったのだ。

 スポーツ紙芸能担当記者が言う。

「昨年12月26日に行われた『笑っていいとも! 年忘れ超特大号』(フジテレビ系)の打ち上げでのことです。爆笑問題の太田光いわく『テーブルに突っ伏して、おとなしくなったなぁと思ったらゲーゲー吐いていた』と語り、『あんなゲロの吐き方、見たことないよ。バンバン吐いていたからね』としゃべりながら、大喜びでしたね」

 この放送のあと、ネット上ではすぐにこのエピソードが話題に。そこでローラならぬ“ゲローラ”という不名誉なニックネームが付けられてしまったのだ。

 フジテレビ関係者はこう明かす。

「当日は、出演者、マネジャー、スタッフ、関係者など総勢数百人規模で、約6時間にもわたる大宴会でした。その中でローラさんは、注がれたお酒をいつもの『オッケー』と言って次から次へと飲んでいた。タレントで木曜レギュラーの伊藤修子(35)の挨拶の際にはマイクを奪って、『あなたのこと知らなーい』と言い放つくらいに酔っていました。その様子を見て、周囲が『本当のローラってどういうコなんだ?』『もっと酔ったら本性が出るんじゃないのか』と、さらにお酒を勧めるという具合でした。タモリさんは“あんまり飲ませちゃダメだよ”と心配していましたが‥‥」

 そして、ついにリミットを越えてしまったということのようだ。

 しかし、ローラには「余罪がある」と語るのは若手のお笑い芸人。

「サービス精神旺盛でノリがよく、注がれるとグイグイ飲んじゃう。そのうち、『何、このマフラー』と言って勝手に参加していた男の物を奪って自分に巻きだしたり、いきなり大声でゲラゲラとバカ笑いしたりと、かなりお店のスタッフや周囲の客から白い目で見られてヒヤヒヤしました」

 さらには、こんな話も‥‥。

「芸人のいとうあさこの家で飲んだ時は、ついつい飲みすぎて大暴れ。家の中のモノを次々と壊して、いとうから出禁を言い渡されています」(前出・芸能記者)

 酒乱ぶりだけは、“オッケー”では済まされないようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング