1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ

武一族「天才騎手のスパルタDNA」(5)ピークを過ぎた馬が「一変」

アサ芸プラス / 2013年2月8日 9時59分

 デビューからわずか3年目にしてジョッキーの頂点に立つ武豊。次々に記録を更新する天才の足跡は、競馬史に名を残す名馬との出会いでもあった。その一方で、日本の競馬だけでは満足せず、世界に目を向ける日が来る─

「栗東トレセンで初めて取材した時、坊主頭から後光が差している感じがした。この新人はきっとすごい騎手になると思った」

 武豊(43)との出会いをこう振り返るのは、関東のスポーツ紙競馬担当記者。

 その予感は当たる。88年、デビュー2年目にスーパークリークで菊花賞を勝ち(初GⅠ勝利)、その翌年、全国リーディング首位と快進撃を続けた驚異の新人は、90年有馬記念ではスーパーホースとともに、ファンの喝采を一身に集めることになる。

 第2次競馬ブームの主役だったオグリキャップ。その年の春、豊はテン乗り(初騎乗)の安田記念で勝っていた。その後は(別の騎手騎乗で)凡走が続き、鞍上に再び豊が指名される。競馬ライターが証言する。

「オーナーが代われば主戦も代わり、GⅠを連闘で使われるとか、とにかく話題には事欠かない馬。ただ、豊が有馬記念で乗った時は、競走馬としてのピークはとうに過ぎていました」

 豊自身も調教をつけて、その衰えっぷりに驚かされる。ところがそれをレースで一変させた。

「道中は気持ちよく走らせる」ことに徹して、4番人気の低評価を覆してみせると、中山競馬場はオグリコールに包まれた。豊はのちにこう述懐している。「有馬記念を勝てたのはうれしかったが、それ以上に「すでにGⅠを何勝かしてリーディング首位になったといっても、あのレースでファンやメディアの評価が変わったのを感じました」

 前出・競馬ライターも「すでにGⅠを何勝かしてリーディング首位になったといっても、『いい馬に乗せてもらっているからだ』と言う関係者も少なくなかった。それが有馬でのみごとな乗り方を目にして、悪く言う者はいなくなりました」

 怪物伝説を生んだ芦毛馬と若き天才ジョッキー。豊は2戦乗っただけだったが、そのどちらもが惨敗後の勝利。騎手として確かな感触をつかむのは当然だった。

 そして91年には、史上初の親子3代天皇賞制覇の記録を残した(父メジロティターンが82年天皇賞・秋を、祖父メジロアサマは70年天皇賞・秋を制覇)メジロマックイーンの手綱を取ることになるのである。

 新馬デビューが遅く、春のクラシックに出走できなかったマックイーンは菊花賞を勝ち、古馬になった91年から豊とコンビを組む。菊花賞の騎手は内田浩一だっただけに、この(天皇賞の)一件でも「豊は強くなった馬を横取りする」とバッシングされたが、コンビ初戦の阪神大賞典と2戦目の天皇賞・春を完勝し、批判を一掃した。

 その年の秋、天皇賞・秋で2連覇を狙うが、そこで「事件」が起きる。スポーツ紙デスクが言う。

「記者席から望遠鏡でレースを追っていても見えづらいところでの出来事。審議ランプがついて、対象になったのはあそこだな、と思った程度です。『これはただ事じゃない』と感じたのは、レースからだいぶ時間がたってからでした」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング