バカリズム、「音声さんに謝罪強要」のR-1王者に「激怒を通り越し」苦笑い

アサ芸プラス / 2019年1月30日 17時59分

写真

 R-1ぐらんぷり2014で優勝した経験を持つお笑い芸人のやまもとまさみが、番組中にしでかした自分のミスを、音声スタッフに押し付けるという失態を犯した。

 やまもとは1月23日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)に“ナカイの窓にハマらなかった人”の一人として出演。ここで、16年11月放送の「チャンピオンなのにSP」に出演した際のミスを蒸し返されると、自分の責任ではないと言い張ったのである。

「そのミスとは、『チャンピオンなのにSP』で一緒にゲスト出演したパンクブーブー・黒瀬純のトーク中にせき込んでしまったというもの。普通ならセキの一つや二つはスルーされるものですが、その日のやまもとは冒頭からスベリっぱなしで場の空気を悪くしていたこともあり、黒瀬から『うるさいなお前、しゃべってるんだろうが!』と怒られたんです。改めてこの、約2年前の場面について問われたやまもとは、こともあろうに『マイクのセキ、あれは完全に音声さんが悪いです』と責任を転嫁し、観覧者からも『えーっ!?』との声があがっていました」(テレビ誌ライター)

 やまもとが言うには、音声スタッフがわざとマイクの音量を上げたため、せき込む声が強調されたのだという。ここで司会の中居正広が「音声さんいる? それは謝らせないと」と呼びかけると、件の音声スタッフがスタジオに登場。深々と頭を下げながら「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪したのだった。

「この謝罪に対してやまもとは『謝ってくれたんでこれでハッキリしましたよね。これは私、悪くないです』と、開き直っていました。その態度にはもはや中居やサブMCのバカリズムも怒りを通り過ぎ、アキレ果てて苦笑いするよりなかったのです。もっとも、バカリズムは16年の放送で、やまもとに対して怒声をあげていたので、もはや怒りを重ねるにも値しなかったのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 やまもとはこの日、16年の「チャンピオンなのにSP」出演時に、バカリズムからあまりにやまもとがつまらないとして「殺すぞ!」と告げられたことについて、今回の放送で、「それは委縮しますよね」とバカリズムに反発。それに対してバカリズムは、「殺すぞ発言」は番組の最終盤で繰り出したものであり、それで委縮したと主張するのは“印象操作”だと、真っ当な指摘を返していた。

「するとやまもとは『順番はおのおの変えてください』とまったく意味不明の言いわけ。これにはバカリズムも思わず『はぁぁ!?』と、憤怒の表情で怒りをぶつけていたのです」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみにR-1ぐらんぷりでは、やまもとが優勝した年から番組のDVDが発売されなくなったという。今回のやり取りを見れば、その判断にも納得がいくのではないだろうか。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング