侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(6)「WBCへの意識が変わった」

アサ芸プラス / 2013年2月13日 9時59分

 昨年22度目の日本一と初のアジアシリーズ優勝を果たした巨人からは、キャプテン・阿部のみならず、12球団最多の8人が侍ジャパン候補に選出されている。

 この「8人の侍」については、巨人の球団関係者も万全を強調した。

「阿部と内海を中心としたグアムの自主トレメンバーが本当によく練習してくるので、その報道を見て、他の選手たちも刺激になっているようです。代表候補の8人に限らないけど、うちの選手たちはみんな状態がよい」

 新人王、首位打者、最多安打。3年連続でタイトルを獲得した、長野久義(28)もその限りである。

 平常心、マイペースで調整を進めている。

「調整のペースはいつもどおりです。自分のペースを変えずにやることが大事なんで」

 そう話しながら、自主トレからじっくりと体を作ってきた。

 ところで、この長野という男は、常に謙虚な姿勢を崩さない。

「これだけ結果を残してきたら、もっと大きなことを言っても大丈夫では?」

 と声をかけても、こう首を振るのである。

「全然、まだまだです。たまたまです」

 グアム自主トレから帰国後、WBCに向けての咆哮を聞こうとしても、

「まずはメンバーに選ばれるように頑張りたい」

 と、あくまで控えめだった。そして、

「選ばれれば、すごいプレッシャーがあると思います」

 と静かに口にするだけだ。とはいえ、新人の時から堂々とした態度、気持ちの強さはベテラン並みだったことを筆者は知っている。

 初めてのWBCに向けて、現時点では気負いやプレッシャーをまだ見せていないが、実は以前から目指してきた舞台でもある。

 入団直後はそれこそ、

「WBC、出れたらすごいですけど、僕なんかまだまだ。3連覇に臨むわけだし、とてもとても」

 と案の定、首を振っていた。

 しかし一昨年、首位打者を獲って、昨年3月の東日本大震災復興支援試合の台湾戦に出場すると、

「次のWBCに選ばれる選手でいたい、という思いが強くなった」

 とはっきり口にしたのである。

 アマチュア時代に対戦したアメリカやキューバの投手と再戦して勝ちたいという思いも強いという。

 毎年個人タイトルを手にしても、常にチームの勝利だけを追い求めてきた長野。昨秋ようやく手にした日本一の次のターゲットはWBCでの世界一だ。

アサ芸プラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング