志村けん「だいじょうぶだぁ」衝撃のラストに地方の視聴者が大激怒なワケ

アサ芸プラス / 2019年3月1日 17時58分

写真

 2月27日、バラエティ番組「志村けんのだいじょうぶだぁ 春一番爆笑スペシャル」(フジテレビ系)が放送された。同番組では、女性出演者の艶シーンに視聴者の注目が集まったという。

「番組では、椅子に座る演歌歌手の丘みどりが、志村演じる“ひとみ婆さん”に何度もビールをかけられるというコントに挑戦しました。その際、驚いた拍子に両足を高く上げたことで、スカートの中が一瞬見えてしまうというアクシデントが発生。さらに服がビショビショで透けた状態になったため、『艶すぎる!』と視聴者を興奮させました」(テレビ誌記者)

 コンプライアンスに厳しい現在でも、ハラスメントギリギリのコントをゴールデン番組で披露し、視聴者から好評を博している志村。だが、番組の最後では、編成上の問題で地方の視聴者が激怒する事態が起こったという。

「終盤、志村演じる男性の部屋に、複数の不貞相手が隠れているというコントが放送されました。その中で、最後に床のドアから顔を出した若い女性は、服を着ておらずアンダーウエア姿で登場。そして志村の方に歩いていく際、布がヒップに食い込んだプリプリの下半身ウエアが画面に映り込んだため、ネット掲示板では『うおおお!最後に凄いのがキタ!!』『たまらない!』と興奮の声が殺到しました。ですがその一方、地方の視聴者からは『え?まだ放送してるの?』『そんなのやってないんだけど!』と戸惑いの声があがることに…。実はフジは昨年から、番組の間に放送するミニニュース枠を廃止したのですが、地方はまだその編成に追いついておらず、ニュースがねじ込まれるため、関東以外の多くの地域がエンドロールもなく唐突に番組が終了するのです。そのため、『東京だけズルイ!』と地方から怒りの声が殺到することとなりました」(前出・テレビ誌記者)

 一番の艶シーンをエンディングに持ってきたことで、視聴できなかった地方の視聴者の怒りは爆発してしまったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング