加藤綾子にケンカを売ったTBS「激似アナ・良原安美」の小悪魔素顔(2)ライバルのフジ入社で遺恨が

アサ芸プラス / 2019年4月20日 17時57分

写真

 局内の評判もきわめて高く、さるTBS関係者は次のように証言する。

「良原アナは18年入社の同期の中で『ナンバーワンの即戦力』と高評価を受け、入社1年目から任されている『JNNニュース』での原稿読みも新人離れしていると手放しでしたね」

 そんな良原アナは、今年1月4日放送のTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」で山瀬の代役を務めたのだが‥‥。

「ラジオ向けの落ち着いたしゃべりで想像以上の出来でした。そうした彼女のポテンシャルの高さが局内で評判となって、バラエティー班と報道班の間で争奪戦が起こっているんです。そればかりか、入社初年度から早くも『フリー転身』を業界の知人づてに打診されたともっぱらの噂なんですよ」

 TBS関係者はこう語ったうえで、「TBSのカトパン説」を内外に広めた転機を振り返る。

「彼女が出演した2月5日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』でも有田さんに指摘されていましたが、カールの入ったミディアムヘアや白いノースリーブの衣装など、良原アナがカトパン寄せにいっているのは明らかでした。もっとも、これには本人というより、番組スタッフの思惑が多分に反映されているからなんですよ」

 果たしてどういった狙いがあったのか。

「良原アナのキャラクターを『TBSのカトパン』として確立することで知名度を上げ、高視聴率を狙っているんです。こうなると彼女は番組の演出上、否が応でも“カトパン風”に映らざるをえない。そんな背景を考えると、本人が『カトパン似と言われたくない』と公言する気持ちも理解できます。また、彼女は昔から“老け顔”がコンプレックスだそうで『大人っぽいね』とホメられるのも嫌だったと言っていました」(TBS関係者)

 良原アナが「脱・カトパン」の心情を漏らすようになった背景には、実は「過去の屈辱」があった。

「順風満帆に見える良原アナにも挫折があったんですよ」

 と語るのは、TBS入社前から彼女を知る芸能関係者だ。続けてその“黒歴史”を明かすには、

「彼女はミス立教に選出されたことで多数のフリーアナを抱えるセント・フォースにスカウトされ、16年1月から所属したのですが、ここで大きな影響を受けた先輩が、同大OBで『めざましどようび』(フジ系)などで活躍する高見侑里(31)だったんです。その頃は大学のイベントでステージに立った際に『立教大学のカトパンこと良原さんです!』と紹介されても、まんざらでもなさそうだった」

 高見への憧れとともに「フジテレビ志望」を明言していたという良原アナ。だがその望みはかなうことはなかった。

「結果、TBSに行くことになったのですが、その年にフジの新人アナとなったのが、ともに『NEWS ZERO』でお天気キャスターを務めていた盟友で、“宿命のライバル”でもある井上清華アナ(23)。これには相当悔しがっていましたね。以降、高見への憧れは封印して『TBSの出水麻衣アナ(35)に憧れてアナウンサーになろうと決めた』と言うようになった。良原アナが『カトパンと言われたくない』と語る背景には、こうした遺恨が影響しているんです」(芸能関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング