「サボりゴルフ」報じられた松坂大輔以上に「またお前か!」批判集中の上重聡

アサ芸プラス / 2019年5月22日 5時58分

写真

 5月17日発売の「フライデー」により、負傷によるリハビリ中にもかかわらず、千葉県内でゴルフに興じていたことがバレた中日ドラゴンズの松坂大輔。

「『フライデー』の発売当日には、一部スポーツ紙の取材に応じ『心を入れ替えて野球に集中し、一日も早く戦力になれるように努力します』と謝罪。前日には球団からペナルティーを科せられたことも明らかになりましたが、ファンからはアキレはてた声が噴出しています。復帰へ向けての練習を休んでのゴルフだっただけに、責められても仕方ありません」(夕刊紙記者)

 松坂は中日に移籍した昨季に6勝4敗と復活を果たし、年俸も1500万円から8000万円に大幅アップ。背番号も「99」からエースナンバーの「18」に変更となり、今季は開幕投手の候補としても名前が挙がっていた。

「しかし結局、2月の春季キャンプ中にファンとの接触により右肩を痛め、ズルズルと復帰が先延ばしになる中、ようやく投球練習を再開した直後の出来事でしたからね。自覚が足りないとしか言いようがありません」(前出・夕刊紙記者)

 一方で、今回の報道により松坂以上に大ブーイングがあがっているのが、ゴルフに立ち会っていた日本テレビの上重聡アナだ。

「上重アナは2015年、『週刊文春』により、前年に自宅マンションを購入した際に大手靴販売チェーン創業者から多額の融資を無利息で受けていたことが報じられ、謝罪後に当時担当していた『スッキリ!!』を降板。創業者から借りたという高級車を乗り回すド派手な生活ぶりも伝えられ、今も日テレ内きっての問題児とも言われる。今回、そんな上重アナのろくでもないスキャンダル再登場のしかたに、《またお前か!》との批判に加え、中日ファンからも《松坂をそそのかしやがって》《読売の回し者か》といった根拠のない声も加わり、猛烈なバッシングとなっているんです」(前出・夕刊紙記者)

 松坂も、上重アナとは甲子園以来の縁とはいえ、付き合い方についてはもう少し慎重を期すべきかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング