もう電撃婚に逃げるしかない?加藤綾子、「Live News it!」の焦り

アサ芸プラス / 2019年6月12日 5時59分

写真

A フジテレビ系の夕方報道番組「Live News it!」のキャスターを務めるカトパンこと加藤綾子が、5月28日に発生した「川崎20人殺傷事件」の現場レポートをしたことが話題になりました。

B 報道番組のキャスターの現場レポートは珍しいことでも何でもないはずですが、それが話題になってしまうというのは、それだけカトパンがマスコミに舐められているということでしょうね。

C スポーツ番組を担当していた時も、球場に取材に行っただけでニュースになっていました。つまり、誰も彼女をアナウンサーだと思っていないんですよ。実際、カトパンが現場に入ったのは当日の15時前後だったとか。番組の生放送開始は16時50分でしたから、わずか2時間ではまともな取材ができるはずもない。先乗りして取材をしていた記者たちのレクを受けてのレポートで、“現場にも行きます”のポーズを見せたに過ぎないというのが、リアルなところだったようですね。

A まぁ、現実的にはそうでしょうね(笑)。

B 彼女はCM契約もあり、一応、フリーアナの中では“勝ち組”ということになっていますが、フリーになってから担当した番組は軒並み低調で、これといった実績がない。昨年はTBS系ドラマ「ブラックペアン」で女優デビューを果たし、女優業への可能性を探りましたが、壊滅的な演技力でドラマの中で浮きまくり。キャスターとして生き残るしか道がなくなっていたように見えました。

C 正直、低迷フジのニュース番組の看板を任されるのは、初めから“負け”が見えた無謀な賭けです。他に頼める人がいなかったフジの事情もありますが、頼みの「ホンマでっか!?TV」(フジ系)もいつ終わるかわからないという状況の中では、カトパンもここで勝負をかけざるを得なかったのでしょう。

A そして、視聴率は大苦戦。せっかくの逸材ですが、事務所も売り出し方に苦慮しているようですね。「Live News it!」がこのまま低空飛行なら、1年以内に結婚に逃げちゃうんじゃないかと、ここで予言しておきましょう(笑)。

〈座談会メンバー=A:女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B:番組制作会社スタッフ、C:夕刊紙デスク〉

(露口正義)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング