野村克也「6億円BIGマン」CM打ち切り事件(3)違約金などは発生しない

アサ芸プラス / 2013年3月27日 10時0分

 日本スポーツ振興センターはこの件について何と答えるのか。スポーツ振興事業部の担当者に見解を聞いた。

──わずか2週間で交代というのは短すぎませんか。

「毎年BIGのCMはこの時期に作っていますが、今年は3月7日から具志堅さんのバージョンを流す予定でした。610回の販売開催の締め切りが間近だということで、それに合わせて流すことにしました」

──野村氏の「S☆1」での体罰推進発言が交代のきっかけになったようですが。

「それは関係ないです」

──具志堅バージョンはいつまでの放送予定ですか。

「次がまだ計画中ですので、それが決まるまでは‥‥。3月中はやると思います」

 あくまで予定どおりだったとの説明だが、広告代理店関係者はこう話すのだ。

「内部的には放送自粛という扱いになっているのですが、常識的にもう一度放送することはないでしょう」

 先のテレビ局スタッフがあとを引き取ってドタバタぶりを明かす。

「普通、CMの放送予定は1週間先まで決まっています。もし代理店が新しい素材を局に渡す場合、基本的には放送開始まで中3日の猶予がないと困ります。『S☆1』が3月3日放送で、差し替えCMが7日だと、ちょうど中3日。つまり、最速で対処したわけです。しかも、『6億円BIG』は番組と番組の間に流すいわゆるスポットCMなので、番組提供CMのようにキー局に流して一斉に地方局へ、というわけにはいかず、全国の放送する局全てに新しい素材を渡すという、恐ろしく手間のかかる作業です」

 予定どおりどころか、かなりの非常事態だったわけである。さて、こうした騒動を引き起こした野村氏は降板の他に、いかなるペナルティを受けるのか。テレビ局スタッフが続ける。

「不祥事というわけではないし、違約金などは発生しないですね。出演料は‥‥だいたい3000万円前後だと思いますが、オンエアの有無に関係なく支払われているため、打ち切りでも特にどうなるということはありません。聞くところによると、野村氏サイドは『すいませんでした。これからの発言に気をつけます』といった感じの大人の対応だったそうです」

 今頃、よけいな発言をしたことをボヤいているかもしれない。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング