芸能美女の“生娘卒業”(3)堀北真希は高校時代にアノ共演者と?

アサ芸プラス / 2019年6月20日 5時59分

写真

 2017年に芸能界を引退し、4月末、第二子を出産していたことが明らかになった、堀北真希さん。もともと堀北さんには浮いた噂がほとんどなく、山本耕史との「交際ゼロ日婚」まで“ゴシップ皆無女優”といってもいい状態にあり、一部では“男性経験もないのではないか”とも囁かれていたが、実際はどうだったのか。

 当時、なんとか堀北さんの男ネタをつかもうと、彼女の周辺を取材して回ったという女性誌記者はこう話す。

「地元の同級生から、『中学時代には仲のいい男子が何人かいて、よく家にも遊びに来ていたようです』という情報を得ています。生徒会副会長も務める優等生だったという堀北さんですが、しっかり彼氏との両立に成功していたようです」

 だとしたら、高校時代には、もう“オンナ”になっていた可能性は高そうだ。

「時期的に考えると、16歳の時にドラマ『電車男』(フジテレビ系)で共演した、伊藤淳史である可能性が高いのではないでしょうか。2人の交際説は当時も一部で報じられており、オタクの電車男よろしく、秋葉原でのデート情報もあったぐらいですからね」(芸能記者)

 この恋は、事務所の反対を受けて終わりを告げたという話もあり、「2010年に伊藤と一般女性との結婚が発表された時、堀北さんはショックを受けていたという話も伝わっている」(夕刊紙記者)という。

 しかし今や、2人の幼子に囲まれ、そんな過去を思い出す暇もない幸せな時を過ごしていることだろう。

(露口正義)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング