安座間美優が日テレ上重聡アナとの破局で芸能界「残された道」とは?

アサ芸プラス / 2019年7月23日 9時58分

写真

 08年から「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)でお天気キャスターを3年務め、それがきっかけで同局の上重聡アナと2011年から交際していた安座間美優。結婚秒読みとも言われていた2人だったが、7月15日に、すでに破局していたことが判明した。

 12年7月にTBSのCS放送「TBSニュースバード」(当時、現在は=TBS NEWS=)で放送されていた「ニュースクリア」では初のニュースキャスターに就任。その際には上重アナに発音法などを教わったと明かし、「惚れ直しました」とのろけるなどしてオープンな交際をしていたが、8年間の交際には終止符が打たれた。

 安座間は小学4年から中学2年まで沖縄アクターズスクールに在籍し、同時期には山田優も在籍していた。

「在籍中には、選抜メンバーによって編成されたユニット『B.B.WAVES』の中で、安座間は山田をしのぐほどの人気者だった時代もあったんです。しかし高校2年生で上京。同年に北川景子や泉里香らとともにドラマ『美少女戦士セーラームーン』(TBS系)に女優として出演。モデルやキャスターとしても活動していましたが、世間に名前が知れ渡ったのは“上重アナの恋人”となってから。せっかく“上重アナ”という冠が取れたのですから、今後はクリーンなモデルやキャスター業に縛られず、ドロドロした女の情念を演じられるような女優へと挑戦して、芸能界で勝ち残っていってほしいものです」(女性誌記者)

 安座間の真価が問われるのはこれからだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング