大場久美子は「還暦水着グラビア」本音を告白!「黄金の昭和アイドル」総直撃

アサ芸プラス / 2019年8月6日 5時59分

写真

「アイドル時代に学校にあまり行けなかったので、勉強するのが楽しいなぁって」

 こう話すのは、大場久美子(59)。還暦を前に大場がハマっているのが資格を取ること。アイドル活動で忙殺された若い日を取り戻すように、現在勉強に励んでいる。その成果は「足底反射療法士」「体温管理士」など聞き慣れない資格も含めて17個の資格を取ったことに表れている。では、10代の頃、大場がどれほど多忙だったか。例えば、グラビア撮影も、

「グアムに朝行って、夜中に帰ってくる弾丸ツアーで1日17社の撮影をやったことがあります」

 グラビアといえば、今から5年前、大場は世間をアッと驚かせた。なんと五十路でセパレートタイプの水着を着たグラビアに登場したのだ。テレビのダイエット企画に出演し、メリハリボディを鍛え上げてのグラビアだったが、のちにこのタイプの肌見せの多い水着で挑んだ写真集を発売したのだから、いかに大場の水着に反響があったかわかるだろう。

 しかも、その5年前のことだ。大場に対して還暦で水着グラビアという話もあった。あと5カ月で還暦なのだが、大場は…。

「実はこのところケガが多くて…そもそも正式なオファーがあるのかどうか(笑)」

 大場の「還暦水着」への具体的な思い、アイドル時代の秘話などを週刊アサヒ芸能8月15・22日合併号が詳報している。他にも芳本美代子や相本久美子、新田恵利と倉沢淳美ら70年代~80年代の「昭和の黄金アイドル」を総直撃。それにしても、はたして、近く大場の妖艶な水着姿を拝むことはできるのか!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング