森田望智、「伝説の艶系女優」熱演が大反響で出演中ドラマ「Iターン」にも脚光!

アサ芸プラス / 2019年8月27日 17時59分

写真

 8月8日から動画配信サービスNetflix制作で配信された村西とおる監督の半生をモデルにしたドラマが大反響を呼んでいる。村西監督を山田孝之がブリーフ一丁で演じていることもさることながら、伝説の艶系女優・黒木香を全脱ぎ体当たりで見せた新人女優・森田望智(もりたみさと)が大反響となっている。

 このドラマ「全裸監督」で注目されている森田は、土屋太鳳と同じ事務所に所属する妹的存在で、昨年から土屋と同じ事務所の北原帆夏とともに西武鉄道のCMで「ちちんぶいぶいダンス」を披露し、「あの子はダレ?」と話題になっていた。

「まさかあの子が全脱ぎするなんて、という驚きがまず大きいでしょう。さらに、インテリ女子大生が艶系女優“黒木香”というキャラクターとなって一世を風靡するというプロセスをきちんと演じている演技力の高さが、森田に対する称賛となっていると思います。森田は現在、ムロツヨシ主演の深夜ドラマ『Iターン』(テレビ東京系)で、渡辺大知演じる柳が惚れ込むスナック『来夢来人』に勤めるめぐみを演じています。あまり登場シーンは多くありませんが、ネット上では『森田望智見たさにIターン観てる』『Iターンの見どころは森田のケバイねーちゃん姿。森田はバブリー衣装がマジ似合う』といった声が少なくないようです」(女性誌記者)

 制服を着れば高校生に、ド派手な原色や花柄のワンピースを着れば飲食店で接客業務に従事するバブリーな女に見える森田。「Iターン」は森田のおかげで注目度が上がったのでは。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング