「あなたの番です」Blu-ray&DVDボックスが高すぎると大ブーイング!

アサ芸プラス / 2019年9月4日 17時59分

写真

 9月8日に全20話の最終回を迎えることになったドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)。同番組を収めたファン待望のBlu-ray&DVDボックスが来年2月19日に発売されることがわかった。本編と特典映像に加え、スペシャルメイキングとオールカラーのブックレットが封入されており、早くも通販サイトの日テレポシュレほかで予約が可能となっている。

 その「あなたの番です」では放送のたびに視聴者が犯人を“考察”し、ツイッターの世界トレンドにも何度となくランクイン。視聴率よりも視聴熱に注目の集まる作品となっている。それゆえBlu-ray&DVDへの注目も高まるところだが、日本テレビの期待に反して、ボックスの売れ行きにはさほどの期待が持てないというのだ。テレビ誌ライターが指摘する。

「まず商品の値段が高すぎます。なにしろBlu-rayボックスが3万3000円、DVDボックスが2万8000円(いずれも税別)ですから、ファンからも《わかっちゃいたけど高い!》といったブーイングが出ています。全20話というボリュームゆえ高くなるのは当然とはいえ、同じ日曜劇場では前クールの『3年A組』や前々クール『今日から俺は!!』のDVDボックスが1万9000円でしたから、約5割も高い価格設定には多くの視聴者が二の足を踏むことでしょう」

 それに加えて本作の内容が、ボックスセットという商品の特性には合っていないという指摘もあるようだ。テレビ誌ライターが続ける。

「『今日から俺は!!』のDVDボックスは発売初週の週間ランキングで5位に入り、1万1000枚を売り上げるスマッシュヒットに。それに対して『3年A組』のほうは初週14位に留まりました。しかし平均視聴率では11.5%の『3年A組』が、9.9%の『今日から俺は!!』を上回っています。この差が付いた理由は、『3年A組』のように毎週の推理で視聴者を引き付けるタイプのドラマは、その謎が明かされた段階で視聴者の興味が失われるからでしょう。同様に『あなたの番です』も放送中の今は、ハラハラドキドキの展開に視聴者がは惹き込まれていますが、犯人がわかったらもはや、わざわざ見直す必要は感じられません。それゆえ本作のボックス作品を買うのは伏線のシーンを何度も観返したいマニアか、メイキング映像を楽しみにしている横浜流星や西野七瀬の熱狂的なファンがほとんどではないでしょうか」

 どうやら「ボックス作品が売れないことへの考察」は、さほど盛り上がらない結果になりそうだ。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング