接客は「塩対応」でなく「神対応」!? 島崎遥香、「焼肉店に勤務」情報の真相

アサ芸プラス / 2019年9月20日 9時59分

写真

 元AKB48のメンバーで女優の島崎遥香が、同じく元AKB48の内田眞由美がオーナーを務める東京・新大久保にある「焼肉IWA」に現れた。しかも、お客としてではなく、スタッフとして働いていたというのだ。

 9月6日にファンの男性による〈今日から焼肉IWAで島崎遥香さんが店員として働いています! オーナーから拡散OKもらいました〉という投稿がツイッターに掲載され、様々な憶測が飛び交っている。

“第二の鈴木奈々”としてバラエティ番組で活躍中の西野未姫も、AKB卒業後に「焼肉IWA」で生計を立てていたことがあり、同店ではかねてからグループ関係者をアルバイトとして雇用していることは有名だ。しかし、29枚目のシングル「永遠プレッシャー」をはじめとする楽曲でセンターを務め、朝ドラ「ひよっこ」(NHK)や映画「翔んで埼玉」などでは女優としても活躍していた島崎が「焼肉IWA」で働いているとは、にわかには信じがたい。

「働いていたことがあるのは事実のようですが、これからも働くかどうかは不明です。島崎が『焼肉IWA』で働いたのは、あくまでも店のPRのためでお金のためではないとか。1時間ほどホールで接客したそうで、『塩対応』で有名になった島崎ですが接客は『神対応』だったという噂です」(女性誌記者)

 女優として着実に歩を進めている島崎。次回作が待たれるばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング