40回超高額当せん者がハロウィンジャンボ「5億円ゲット法則」を伝授した!

アサ芸プラス / 2019年9月24日 5時58分

写真

 9月24日に全国発売された「ハロウィンジャンボ宝くじ」。1等賞金は前後賞合わせて5億円、10万円以上の当せん本数は「ハロウィンジャンボミニ」と合わせて3万4480本の大盤振る舞いだ。総額7億円をゲットした宝くじ長者に黄金法則を伝授してもらった。

岐阜県にある上坂元祐氏の自宅の門扉を開くと、玄関までのアプローチに描かれた弓道の的のようなマークに目が行く。

「これは私の考えた“開運シンボル”。実はこのマークをあしらったシールも作っていて、くじを入れた封筒に封をするのに使っています。ちなみにちゃんと商標登録も済ませています」

 柔和な笑顔で答えてくれた上坂氏こそ、これまで100万円以上の当せん回数40回以上を誇る宝くじ長者だ。ジャンボくじの戦績にいたっては、94年のサマージャンボで1等6000万円、03年のドリームジャンボで2等1億円、そして本人いわく、年末ジャンボで1等2億円と、3大ジャンボで高額賞金をゲットしている。

 さらに玄関に入ると、巨大な木彫りの鷲が鎮座していた。

「お金をワシづかみにするという願いを込めて置いています」(前出・上坂氏)

 上坂氏は高額当せんを重ねながら、みずからの運気を上げるために風水、統計学、方位学などを研究し、独自の当せんメソッドを構築してきた。

 その当せん実績から、さぞや大金を注ぎ込んできたかと思いきや、

「私が5大ジャンボを購入する際に実践しているのは、購入日を前期・中期・後期の3回に分けること。枚数が少ないと思うかもしれませんが、決まって連番1セットとバラ2セットの組み合わせで購入します。なので、計90枚2万7000円の投資になります」(前出・上坂氏)

 少ない投資で高額賞金を当てる秘訣とは?9月24日発売の「週刊アサヒ芸能」10月3日号では、上坂氏の「黄金法則」を独占公開。さらに日本一の占い師を決めるバラエティ「THE 的中王」(日本テレビ系)で2年連続優勝を飾った海龍氏による、「強運の購入日」を掲載している。

(写真はイメージ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング