女子アナ新馬戦「“恥”公開度」をナマ実況(1)元乃木坂・斎藤ちはるの体当たりっぷり

アサ芸プラス / 2019年9月28日 9時57分

写真

 例年以上の豊作となった美女アナ新馬戦。ミスコン女王、女性誌モデル、東大卒に元国民的アイドルと粒ぞろい。しかし、入社わずか5カ月余りで腰振り、谷間見せの馬脚を現す波乱必至の展開に。はたして激戦を勝ち抜くのは誰なのか? 各馬の仕上りを予想してみよう。

 ゲート入り前、いや入社式前から「羽鳥慎一モーニングショー」でアシスタントデビューを飾るなど好スタートを切って先行逃げ切りを果たそうとしているのがテレビ朝日の斎藤ちはるアナ(22)。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も◎の太鼓判を押す高評価だ。

「言わずと知れた元乃木坂46の第一期メンバー。幼少期は花王や日本マクドナルドのCMなど、子供モデルとしても活躍していただけに、異例の大抜擢も納得です」

 朝番組では、元アイドルをかなぐり捨てた体当たりぶりも話題となっている。

「忍者コスプレでローアングルからケツを抜かれるなど、ハードな女子アナ調教にも耐えています。担当コーナーでは、陶芸にチャレンジし、悩ましい手つきでろくろを回し、思わずアエギ声まで漏らす痴態を披露した。また、乃木坂46のデビュー曲『ぐるぐるカーテン』を実演した際には、スカートの裾をまくり上げて太腿をチラ見せする妖艶ダンスを披露し、辛口コメンテーターをうならせていました」(丸山氏)

 猛追するのは東大出身のTBS・篠原梨菜アナ(22)だ。芸能評論家の織田祐二氏がグリグリ◎のツバをつける。

「なにしろ国内最難関の東大法学部卒。超インテリに加えミス東大グランプリの美貌と、経歴には死角なし。学生キャスター時代、バラエティー番組で今田耕司から『東大のほうが、案外世の中知らんのちゃうか』と口説き落としやすいことを指摘されると、両手を口に当ててテレ笑い。その瞬間、スカート奥の三角部分がガラ空き無防備となっていました」

 末は官僚か裁判官か、というまたとない高経歴を足蹴にした自力に期待が持てる。

 テレ東・森香澄アナ(24)は、早くも隠れ巨乳説が生まれて猛追走中。

「同期の田中アナがアイドル系なら、森アナは清楚系の美人。ですが、8月20日放送の『よじごじDays』で、はっぴ姿で夏祭りイベントをレポートした際にバストをプルプル揺らし、巨乳の片鱗を匂わせていました。将来的には、先輩の鷲見玲奈アナ(29)のような爆乳に成長するかもしれません」(丸山氏)

 伏兵巨乳の重賞制覇は今後の調教しだいだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング