ベルトの間から胸が…長谷川京子の“私服ショット”が興奮モノ

アサ芸プラス / 2019年9月27日 9時59分

写真

 あふれんばかりの色香とナイスボディを隠しきれないのか、次々と艶ショットをインスタグラムで公開している女優の長谷川京子。特に今年の夏になってからは、胸の渓谷見せ写真を連発し、男性ファンの注目を集めている。

 そんなハセキョーがまたしても艶胸ショットを披露し、話題になっている。それは9月20日に公開された1枚。「グータンヌーボ2」(カンテレ)の撮影のためにスタジオを訪れた際に写したようだ。

 長谷川は黒のワイドパンツにノースリーブのシャツというスタイル。ズボンをサスペンダーで吊っている。

「そのサスペンダーが胸を両脇から挟み込むような感じになっています。グラビアで両腕を使って胸をはさみ、サイズアップして見せるテクニックがありますが、そのような効果を生み出しているのではないでしょうか。いつもの彼女より胸が大きく見えるんですよ」(週刊誌記者)

 あまりの盛り上がりにベルトから胸がはみ出してしまうそうな勢いだ。彼女はこれまで推定Eカップとされてきたが、Fカップはありそう。

「長谷川はこの胸を見せたかったのではないでしょうか。というのも、わざわざ上着を脱いで写真を撮っているんですよ。自分の武器が何かよくわかっていると思いました」(前出・週刊誌記者)

 艶アピールは大歓迎。これからもより肌見せの多いショットを公開してほしいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング