小川彩佳、数字上昇の鍵は「アノ部分」開帳!/女子アナ“肌着見せ”の秘密(7)

アサ芸プラス / 2019年9月28日 9時58分

写真

 4月にテレビ朝日を退社。6月から、TBS系「news23」のメインキャスターに就任した小川彩佳。古巣の「報道ステーション」(テレ朝系)や、有働由美子の「news zero」(日本テレビ系)を向こうに回し奮闘しているが、なかなか視聴率は上がってこない。

 苦戦の原因は何なのか?

「『報ステ』時代に有名だった“アレ”をまったく見せていないことが一因ではないでしょうか」

 と言うのは、女子アナウォッチャー・たなか是政氏。

「『報ステ』時代、番組の隠れた見どころとなっていたのは、デスクの下に見える短めのスカートから伸びる小川アナの美脚と、太ももの丸みとスカート生地で形作られる“デルタゾーン”。その暗がりの先に、肌着らしき影が見え隠れすることもしばしばで、我々マニアの絶大な支持を集めていましたからね」(前出・たなか氏)

 深刻なニュースの時ほど、そのデルタゾーンがぱっくり開くというジンクスもあったとか。

「驚いたのは、北朝鮮の金正男暗殺事件を伝えているときのこと。デスクの下では、肌着まであと1センチというレベルのご開帳ぶりでしたからね」(前出・たなか氏)

 テレ朝は、久米宏の「ニュースステーション」で、サブキャスターの小宮悦子に短いスカートの着用指令を出したなどいう話もあり、その美脚で世のお父さんを引きつけたことで知られている。となると、「報ステ」時代の小川アナにも同様に指令が下っていた可能性は高い。

「TBSでは外様の小川アナに遠慮しているのか、スカートでも丈の長いものが多く、ひざ小僧さえほとんど見えませんね」(前出・たなか氏)

 短いスカート着用&デルタゾーン開放で、巻き返せ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング