「ホンマでっか!?」頂上遺恨バトル 加藤綾子VS田中みな実(4)大胆な黒キャミソール姿で…

アサ芸プラス / 2019年10月6日 17時57分

写真

 それでもカトパンには色香路線で真っ向勝負できない理由があった。

「今年4月から夕方のニュース番組『Live News it!』(フジ系)でメインキャスターを任されてから、バラエティー番組でもボディラインがわかる衣装や下ネタ発言はなるべく控えるようになった。視聴者の中心となる主婦層に、あざとい色香は印象がよくないので‥‥」(芸能記者)

 そうした努力もあってか、番組開始当初は視聴率4%前後で低迷が続き、打ち切りもささやかれたが、8月15日には6.8%の番組最高視聴率を記録した。

「もともと夕方のニュースは『news every.』(日本テレビ系)など強力なライバル番組があるので、善戦していると思います。フジ関係者からは『東京五輪前に加藤を押さえておきたかった』との話も聞かれ、このまま五輪まで任せると思います」(三杉氏)

 それまで「セクシー封印」になってしまうのか‥‥。そんなライバルを横目に、色香では絶対に負けられない田中は、ひそかにセクシーボディ改造に着手していた。それが明らかになったのは、9月14日放送の「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)で、下着美容研究家の湯浅美和子氏をゲストに迎えた回でのこと。前回出演した7月にガードルについてアドバイスを送られていた田中は、

「以来、毎日ガードルをはいております」

 と告白。ブラジャーの相談も受けていた湯浅は田中のボディについて、

「前はお胸が強調されるのが嫌だから、ちょっと小さめのものをしていらっしゃった。『ちゃんとしたサイズのものをつけたほうがいいですよ』と言ったら聞いてくださって。そしたらちゃんと育って、ウエストはさらに細くなって、ヒップは上がって」

 と効果を報告。田中も認めたうえで、「1.5センチアンダーが増えた」と言い、美尻も美乳も自分の理想形に進化させていたのだ。

 頂上遺恨バトルも実現し、さて、どちらに軍配が上がったのか。三杉氏はこうジャッジする。

「田中と加藤は同じフリーアナでも、主戦場が微妙にズレています。加藤はアナウンサーの王道を進み、田中は今の芸能界で求められるマルチタレントとして順応している。それぞれの得意分野で存在感を発揮しているので、勝負の行方は依然として見えません」

 遺恨勃発から6年。ヌイてヌキ返してを繰り返す2人のライバル対決は、これからも続きそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング