吉本興業社長が核心激白「紳助の復帰」(3)復帰に対する紳助の答え…

アサ芸プラス / 2013年5月1日 10時0分

 心配は吉本興業のタレントも同様だった。特に紳助と同期の明石家さんまやオール巨人などからも、折に触れて、紳助を心配する声が大崎氏にも伝わっていた。

 マネジャーで現場を走り回っていた頃はともかく、ここ10年近くはタレントさんとゆっくり会って話をする機会もなかったんですが、昨年、さんまと久々に食事をする機会があって、やっぱり何かと紳助を心配してましたからね。「もし何かやるんやったら、何でもやるで! 特番でもしよか」とも言ってくれて。さんまが折に触れて紳助のことを笑いのネタにしているのも、さんまなりのエールだと思っています。

 その後、大崎氏が直接、紳助に会ったのは昨年8月のことだ。大阪にある紳助の自宅を訪ね、3時間近くさまざまな話をする機会があったという。

 用事があったというわけではないんですが、たまに電話やメールでのやり取りはあったけど、顔を見て話をしてなかったんで、本心を聞いてみたかった。

 紳助の部屋には英文が書かれた紙がびっしり貼られていて、英会話の勉強をしているようなんですが、「Yes I am」とか中学生レベルでね。「そこからかい!」とツッコミたくなるほどでした。

 芸人としてやり直すという話に関しても、こっちが予想してなかったくらいやる気がなかった。もう、「うっそ~! 全然やる気ないやん!」って驚くくらい抜け殻のようで、さんまにもきちんと報告してなかったな。紳助とはお互い長いつきあいだからテレもあるし、なかなか素直には言えない部分もあるとは思いますが、紳助は「5年後か、10年後、CSの番組なんかでトークでもできればええかな」って言い方をしていました。

 まあ、それはそれでいいし、会社として無理にどうこうしたいというわけでもない。僕が伝えたかったのは、みんなが心配しているし、何があっても一生つきあう仲間なんだということですからね。

 これは紳助に限った話ではなくて、たとえ間違いを犯したとしても、もう一回やり直せる道くらいはあってもいいんじゃないかと思うんです。確かに、いきなりテレビでとなれば放送局さんにも迷惑がかかるかもしれないし、公のメディアは難しいのかもしれませんが、例えばイベントとか劇場といった可能性はあってもいいんじゃないでしょうか。それこそあとは世間の判断で、人気がなければ出番もなくなるだけですからね。紳助は食うには困らないだろうけど、ずっとこの世界で生きてきたわけだし、もう一生、何もするな、人前にも出るな、でも批判だけはされ続けるというのではつらすぎる。マスコミさんも、そこのところは一度、落ち着いて検証してほしいと思っています。

 引退後、何度も「テレビ番組での復帰が内定した」「某番組が密着している」といった情報が流れ、つい先日は「まさかのプロレスデビュー?」というトンデモ情報もあった紳助だが‥‥。

 最近のことは全然わかりません。本が出たことも知らせていませんからね。プロレスですか? あはは。まあ、もし本人が本当にやる気になって、世間も認めてくれるようだったらプロレスラーでもボディビルダーでもやればええんちゃいますか(笑)。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング