加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”

アサ芸プラス / 2019年10月11日 5時59分

写真

 EXILEのNAOTOとの熱愛が発覚した、フリーアナウンサー・加藤綾子。

「これまでに様々な熱愛の噂が浮上しては消えていきましたが、今回は『週刊文春』によるスイス旅行スクープを受け、関係をあっさり認めています。34歳という年齢を考えても、すでに2人の間では結婚の合意があるとみて間違いないでしょう。年内には入籍し、現在、担当している『Live News it!』(フジテレビ系)は契約の1年をまっとうして3月いっぱいで降板しセレブタレントへ、ということになりそうです」(ワイドショー関係者)

 これまで噂になったのは、プロ野球からはダルビッシュ有に片岡治大、芸能界では明石家さんまに志村けん、NAOTOの同僚のTAKAHIROとの噂もあったが、いずれも大きな進展を見せないままに立ち消えとなっていた。

 実際のところ、彼らとの関係はどうだったのだろうか?

「やはり、最も可能性があったのは、2014年1月に赤坂の高級割烹デートが報じられたダルビッシュでしょう。当時、双方が熱愛を否定していましたが、カトパンは16年2月に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、『別世界の人なんで』と、この熱愛報道を振り返っています。これは“付き合ってみたけど『別世界の人なんで』上手くいかなかった”ということ。なんでも、『リズムが合わなかった』とダルは関係者に明かしていたそうで、その直後に元レスリング世界王者の山本聖子と事実婚を発表。カトパンは相当なショックを受けていたそうです」(芸能記者)

 フラれた上に、このダルビッシュとの熱愛報道で、カトパン人気は勢いに陰りが見え始め、以降、各種「好きな女子アナランキング」でも日本テレビの水卜麻美にかなわなくなっただけに、その関係は黒歴史の一つと言えそうだ。

(露口正義)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング