“初体験”で胸の膨らみを見せたフジ・久慈暁子アナの「焦り」と「覚悟」

アサ芸プラス / 2019年10月10日 17時35分

写真

「初サーフィン 最初は波が怖いと思っていたけどボードに乗って浮いているだけでも楽しい!」「やっぱり自然が好きだと改めて思った1日でした」と、10日までに更新したインスタグラムで綴り、浜辺をバックにウエットスーツ姿を披露したのは、フジテレビの久慈暁子アナである。

「岩手県出身で幼い頃から海に慣れ親しんでいた久慈アナは、中学時代に県大会に出場したこともあるほど水泳が得意。それだけに初めてのサーフィンを満喫したようですが、やはり目を奪われたのは、そのピタピタのウエットスーツ姿です。披露されたのは横からの全身ショットで、83センチの推定カップのバストの膨らみが丸分かり。なかなかのボリューム感のあるヒップも、そそられるものがありました。それにしても、フジテレビに入社して以来、画面では艶っぷりをウリにはしない正統派の女子アナだけに、今回のボディラインの公開は意外でしたね」(夕刊紙記者)

 久慈アナは大学進学のために上京後、13年にスカウトされモデルとして芸能界デビュー。17年にフジに入社して3年目になるが、当初は“クジパン”の愛称でポスト加藤綾子として期待されていたものの、いまいち地味な立ち位置を強いられている。

「なんといっても、今年5月にフライデーされた、ヤクルトの原樹理投手との熱愛が効いています。これで次期エースの路線からは完全に転げ落ちたとされ、来年版のフジテレビ女子アナカレンダーの表紙では、並ぶ女子アナの中、最後列の端という扱いを受けたことも話題になりました。久慈アナとしては、まだプロとして大成しない原投手が不安ななか、このまま埋没するわけにはいかない。今回のウエットスーツ姿の披露は、かつてキャンペーンガールを務めたこともある抜群ボディーを使い、挽回への勝負をかけた意地の表れなのかもしれません」(芸能記者)

 なら、もっとさらけ出して欲しい!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング