「抱かれたい」声殺到!すみれがDカップ迫力ボディに成長した理由とは?

アサ芸プラス / 2019年10月17日 17時58分

写真

 見事なまでに“成長”した、石田純一と松原千明の娘で女優のすみれのボディが話題となっている。

 すみれは10月12日に放送された「7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート」にゲスト出演。番組は米サンディエゴでのロケだったのだが、そこで見せた姿が、あまりにもいやらしかったのだ。

「ロングの髪に切れ長の目は、相変わらずのクールビューティーさを醸し出していました。ただ、胸の谷間を思いきり見せる赤のワンピース姿で登場した彼女は、小麦色に日焼けしたボディが以前と比べてかなりボリューム感を増し、85センチだった軟らかそうなバストも膨張、当時の推定Bカップから、Dカップ程度にまで巨大化しているようにも見えるほどでした」(テレビ誌記者)

 そんなすみれにネット上では、《美味しそうなバスト》《なんだかムラムラしてくる体型》《抱きたいより抱かれたいボディ》など、タマランといった声が殺到しているのだ。

「175センチの長身だけに、肉付きがよくなってむしろソソられる感は倍増したようです。やはり、精神的にもアメリカでの生活のほうが向いているのでしょう」(芸能記者)

 すみれは2016年、日本での芸能活動を突如休業させ、現在はロサンゼルスに住み現地で女優業に励んでいるという。

「昨年、『梅沢富美男がズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に出演した際、休業に入ったことについて『精神的に疲れちゃって』と、日本の芸能界でのキャラづくりに参ってしまったことを打ち明けていました。もともと19歳までハワイで生活していただけに、水に馴染めなかったということでしょう。ただ、現在は目指していたハリウッドデビューも果たし、着々と夢を勝ち取っており、そんな充実ぶりと開放感が、迫力ボディにも表れているのかもしれません」(夕刊紙記者)

 時々は、その成長ぶりを日本で披露して欲しいものである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング