ナイナイ岡村隆史「久米宏との“挨拶無視論争”不毛すぎる全応酬」

アサ芸プラス / 2013年6月12日 10時0分

 ラジオでの舌禍事件を多発するナインティナイン・岡村隆史(42)。今度は久米宏(68)にかみついた。

「前から久米宏さんが来はったんですよ。俺はおはようございますって言って、頭を下げたんです。ところがですよ、久米さんはそのまま素通りしたんです」

 こう岡村がほえたのは、5月10日放送の「オールナイトニッポン」だった。5月4日にTBS地下駐車場で久米に遭遇。岡村の挨拶を久米はマネジャーと話をしながら素通りしたという。無視された岡村の怒りは収まらず、こうまくしたてたのだ。

「芸能界に22年いて、まだこんなことあんのかって。悲しくなった」

「こんなことってある? 芸能界っておかしい。もう芸能界を他人に勧められない」

 本来であればここで終わりのハズだったのだが、岡村の発言を聞いた久米が、18日「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ)でこうやり返したのだ。芸能関係者が語る。

「久米は、丸の内のショッピングセンター内の紳士服店で日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏に出くわし、『こんにちは』と挨拶をしたところ、ゴーン氏がチラ見しただけで無視したというのです」

 そして久米は、こんな言い回しで締めくくった。

「挨拶したら、挨拶してほしい」

 反省したということか、それとも岡村からすれば自分はゴーン氏のような存在と言いたかったのか‥‥。

 そして岡村は5月24日の放送で、こう皮肉で返している。

「久米さんがそれについてしゃべったんですよ。ゴーンに挨拶を無視されましたって。ぼくの名前に一切触れることもなく、シレッとこの話題に触って、さすが久米宏ですよ」

 結果、岡村の番組スタッフと久米のマネジャーが話し合い、騒動は終結した。

「久米の性格が悪いことは有名ですが、実は目がすごく悪く、挨拶はマネジャーが代わりにすることになっている。恐らく本当に岡村が見えなかったのでしょう」(前出・芸能記者)

「大人力検定」などの著書があるコラムニストの石原壮一郎氏はこう語る。

「いろんな大人気なさが入り交じっている印象です。腹の立つ状況は社会生活の中にあるものです。それを大げさに考えてコトを大きくして共感を得られることはあまりなく、大騒ぎする人なんだと捉えられておしまいです」

 いい年した大人の不毛な応酬が鼻についたのみだった。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング