テリー伊藤×高橋真麻「熱愛報道のあと交際が始まった」

アサ芸プラス / 2013年6月12日 10時0分

テリー マーサから、自分の思いを打ち明けたの?

高橋 1年半ずっと好きだし、つきあってほしいって言ってたんですけど、向こうは彼女は作らない、と断られました。でも、女性週刊誌に2人でいるところを撮られたんですよ。それがきっかけでした。

テリー どんな写真を撮られたの。

高橋 私は1人暮らしなんですが、お友達みんなで何回もうちに来たりしてるんです。彼とはDVDを一緒に見ようと約束していたので、他の友達のお誕生会のあとにうちに泊まって、DVDを見て、朝帰ったんですよ。

テリー それを撮られた。

高橋 はい。でも、その時は男女としてつきあってはいないんです。だから、あの~、ホントに性交渉とか一切なかったんですよ。

テリー なるほど、「性交渉」ね~。久々に聞いた日本語だけど(笑)。

高橋 それで彼の会社にも「2人はどうなってるんですか」と取材されてしまって。そうしたら、彼から電話があって「実はきっかけがなかったから言えなかったけど、そろそろマーサとつきあってもいいかなって思ってた」って。もう私は「エエッ、つきあってくれるの!」とビックリして。だから、写真でスクープされたことが私たちのきっかけなんです。

テリー わあ、ドラマチックだねえ。

高橋 でも、そこからが大変でした。すぐ親に電話して「すみません、報告があります。【1】彼氏ができました。【2】週刊誌に撮られました。今週発売になります」って言ったら「エエッ!」なんて言って。

テリー 自分ちの娘は箱入り娘で、まだ処女だと思ってたら。

高橋 ‥‥(苦笑)。

テリー じゃあ、ホントに交際を宣言してからの男女の仲なんだ。何だか、マンガみたいな話だなぁ。

高橋 だから私は女性週刊誌に感謝していて(笑)。撮られていなかったら、つきあっていなかったかもしれません。

テリー ところで、お仕事はどんな調子なの? フジテレビを辞めたきっかけとか、何かあった?

高橋 2年前、イベントの企画で「マーサの朝唄」といって、お客さまの前で歌を歌わせてもらったんです。それまではテレビカメラに向かってしかお仕事をしていなかったので、視聴者の方がどういうふうに思ってるのかっていうことがわからなかったんです。ネットで自分の名前を検索すると、ブサイクだとか、コネで入社したとか、悪いことしか書かれていなくて。

テリー そんなの気にしなくていいよ。

高橋 視聴者の方の反応を知りたかったので、つい。アナウンサーになるために120%努力して、スクールに行って、原稿読みの練習もして、それでようやくなってみたら、やれコネだ七光りだ、と言われて、すごくつらいなって思ったんです。

テリー それは確かに傷つくよな。

高橋 だから、私はあんまり皆さんに好かれていないんだって、思い込んでいた部分があったんです。でも「朝唄」をやった時、最初はあまりお客様もいなかったのが、だんだん日を追うごとに増えて「マーサちゃん」とか「いつも見てますよ」とか、温かいお声をいただいて、初めて自分にちょっと自信が持てたんですね。

テリー うんうん。

高橋 それ以降、「朝唄」がきっかけでバラエティ番組にも呼ばれるようになって、そこからスタッフさんや視聴者の方にまた「おもしろい」という反応をいただいて。

テリー マーサは歌がホントにうまいしね。

高橋 ありがとうございます。とてもうれしいなと思って、もっといろんなことをやってみたい、あんな番組に出てみたい、という思いが増えまして。そして、ちょうどフジテレビ入社10年目になる年だったので、人生のタイミングとしていいんじゃないかと思って、それをきっかけに。

テリー 誰かに事前に相談したの?

高橋 自分でもう辞めようと決めてから、両親に伝えました。最初、父親は「エッ、どうやって食べていくの?」という感じでしたね。父は芸能界で常に第一線でやってきましたけど、やっぱり、その中でつらい時期や、芸能界の大変さというのをよく知っているので。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング