「ビズリーチ!」吉谷彩子は「第2の吉岡里帆」/芸能界「隠れ巨胸美女」総覧(1)

アサ芸プラス / 2020年3月21日 9時59分

写真

 それは、不意に訪れた「想定外の喜び」だった。まさか、そこまでとは思わなかった女優や歌手が、実は豊かな膨らみを持っていたとは‥‥。それを男たちは「隠れ巨胸」と称し、突然の発見に喝采を贈る。このジャンルに関して強いこだわりを持つ本誌が、くまなく調査した最新レポートを献上!

 艶っぽさを売り物にしていなかったのに、気がつけば「弾む胸元」に視線が集中する。女優もタレントも、「第2の武器」を身につけたようだ。

 このところドラマにCMに、その姿を見ない日はない本田翼は、20代後半にうれしい変化が起きている。芸能評論家の織田祐二氏が言う。

「1月にスタートした『絶対零度』(フジテレビ系)でのニット胸がユサユサと揺れて、SNSなどで『あんなに大きかった?』と驚きの声が上がっています」

 もともとキッズモデル出身でスレンダー体型だったが、ここ3年ほどで変化が訪れた、と織田氏が続ける。

「17年ぐらいから太ったり痩せたりを繰り返していましたが、ようやくベストの体重になって、爆胸となったバストだけが無事にキープできたようです」

 これを僥倖と言わずして何と言うか。

 思わぬ掘り出し物と呼べるのが、転職サイト「ビズリーチ」のCMで、得意気に人さし指を突き出してアピールする吉谷彩子である。昨年10月の「グランメゾン東京」(TBS系)では、生意気なパティシエを演じた女優として高く評価された。

 おなじみ「ビズリーチ」のCMは4年目に突入したが、今年に入ってから吉谷が柔らか素材のブラウスを着用。そのため、少し動くだけでブルンと揺れが確認できるのだ。

 吉谷は155センチと小柄だが、Fカップは間違いない。吉岡里帆と同タイプのボディゆえ、「即戦力じゃないか」の声も高く、グラビア展開にも期待したいところ。

 姉・萌音とともに活躍する上白石萌歌は、ハタチの急成長を見せているというが、

「身長は163センチで、骨格的には深田恭子と同じ。昨年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で水泳の前畑秀子を演じるにあたり、7キロも増量しました。そのため、バストもアップし、親友の橋本環奈に負けない肉感的なボディが完成しました」(織田氏)

 体重こそ元に戻ったが、スク水を突き破るようなバストラインはキープできたようだ。

 さて近年は女優として濡れ場にも挑むトリンドル玲奈を。3月12日発売の女性ファッション誌「ar」で美ヒップを披露したが、それだけではない。3月6日に発売された「フライデー」では、一目でわかるような抱きしめたくなる胸の渓谷を披露。まさしく「どちらからでも愛して」の美体になっていた。

 こじるりの愛称で親しまれる小島瑠璃子は、ここにきてセパレートタイプの水着姿見せを復活させている。3月12日に発売された「ヤングジャンプ」の表紙は、ハワイで撮影された推定Eカップのバストがまぶしい。

 さらに自身のインスタグラムでも、オフショットを次々とアップしてファンを喜ばせている。〈こじるりかわええ〉〈すきになっちゃう〉と、ネットには賛辞の声が殺到。選挙特番では鋭い質問を連発して「こじるり無双」と呼ばれたが、スレンダーでグラマラスなボディもまた無双であった。

 お笑い界に目を向けると、今、最も隠れ巨胸‥‥いや、爆胸を誇るのが「ガンバレルーヤ」のまひるだ。相方のよしこはロングヘアだが、まひるはボーイッシュなショートカット。ただし、秘めたイチモツには仰天させられる。

「胸のカップを聞かれると『Hカップです』と答える。男の先輩芸人から『胸が先に目に入ってくる』と言われることもたびたびです」(放送作家)

 グラドルたちも顔負けである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング