強行開催「K-1」、観戦者の発熱報道に噴出する批判と憶測!

アサ芸プラス / 2020年3月25日 17時59分

写真

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国や県から開催自粛を要請されていたにもかかわらず、3月22日に決行された格闘技イベント「K-1」。会場には約6500人の格闘技ファンが訪れたというが、どうやら懸念されていた“悪夢”が現実化してしまったかもしれない、という情報が24日の「夕刊フジ」により報じられた。

「イベントの観戦者の中から発熱症状が出たという報告が23日に厚労省にあったとのことで、体調不良を訴えた患者は、PCR検査を受けたようです。主催者側は入場者にマスクを配布し、チケットの半券に住所氏名、連絡先を記入させる対応を取るなど、感染予防に取り組んでいましたが、当初から、開催には否定的な声が圧倒的でした。今回、発熱した患者がただの風邪ならばいいのですが、コロナに罹患していたとなると、批判の声が殺到するのは避けられないでしょう」(スポーツ紙記者)

 ネット上では「感染したら責任取るって言ってなかったけ? もしここから広がったらどうするつもりなんだろ?」「会場に行ったやつは自己責任だろ。問題はK-1にまったく興味のない人間に広まること」「K-1やっちまったな。6500人の観客はビクビクもんだろうな」「世界中がイベントを自粛する中での強行だもんな。行く人もどうかと思うけどね」など、批判の声が広がっている。

「現在は削除されているようですが、2月にはK-1ジム総本部のウェブサイトに《武漢ウイルスは耐熱性がなく、26-27度の温度で死にます。そのため、お湯をたくさん飲む。親戚にお湯を飲ませれば予防できる》と記載されていたという情報もあります。こうなると《もともと新型コロナウイルスに対しての認識が甘かったのではないか》という指摘が上がるのも仕方ないでしょう。あとは、患者が何事もないことを祈るしかありません」(前出・スポーツ紙記者)

 すべて杞憂に終わればいいのだが…。

(ケン高田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング