張本勲「ダルビッシュは“喝”だ」(2)川崎はダルと仲よしじゃないよ

アサ芸プラス / 2013年7月16日 9時59分

 仲間をかばうためとはいえ、大ベテランにかみついてしまったダルビッシュ。当の張本氏はその言い分に対し、どんな見解を持つのか、直撃した。

──ダルビッシュが反論し、波紋を広げています。

「(ダルが)そういうふうに取るのはしょうがないわな。私はね、川崎のことが嫌いでも何でもないんですよ。ソフトバンクの時から好きな選手だし、アイドル的な存在だよ。ただ、野球選手としては、数字が地位や人格を決めるわけだから、(打率が)2割そこそこではしゃぐな、と。それこそマスコットみたいなもんだからね。こないだの(番組で流れた)映像ははしゃぎすぎているので、やめなさいと言ったんだよ。数字が低いうちはやめなさい、と」

──ダルビッシュは川崎と仲がいいから擁護したんでしょうね。

「川崎はダルと仲よしじゃないよ。川崎はイチローを尊敬してアメリカに行ったんだ。ダルのことは好きじゃないよ」

──え? でも2人は直接対決の時は一緒に食事をして、ダルビッシュが酔っ払った川崎の写真をツイッターにアップしていますよ。

「ピッチャーとバッターが仲よくなるなんてことはないし、しちゃいかん。一方が打たれたり抑えたりすると、一方が幸せになったり不幸になったりするわけでしょ。だからどっちかが“芝居”しとるんですよ。あるいはどっちかが人がよすぎるのか」

──そうなんですか‥‥。もう一度、ダルビッシュの「けなすため」発言についての意見をお聞きしたいのですが。

「不愉快だ。人をけなす番組だ、というのは言いすぎだよ。『喝!』だ。私ははっきりモノを言うからあの番組に出させてもらっているけどね、いつやめてもいいんだよ。毎週(生放送が)あるから旅行にも行けないし(笑)。でも人をけなしたりやっつけたりはしない。私の発言がダルビッシュにとって不愉快なら、先輩として気をつけましょう。だからダルビッシュも発言に注意しないとな。けなす番組とか言う権利はないだろう」

──川崎がはしゃいでいるように見えるのは、チームの勝利を誰よりも喜んでいるからだ、との指摘もありますが。

「じゃあ例えば、チームが優勝しても自分が惨憺〈さんたん〉たる成績だったらどんな気持ちになるかね。優勝しなくても、例えば三冠をとったり、いい成績を残すのが自分にとってはいいだろうよ。だから、ああいう飛び上がって喜んだりするようなカムフラージュはやめなさい、と言ったんだよ」

──かねてから張本さんはメジャーリーグに否定的な意見が多いようですが。

「日本のプロ野球を捨ててなぜメジャーに行くかわかるか? 日本には日本独自の野球があり、日本のファンが喜ぶようなプロ野球を作ってもらいたいんだよ」

──日本のプロ野球より上のレベルだとされるメジャーに挑戦したいという野望があるからかと‥‥。

「なーにを寝言言っとるか! お金よ、お金。それと年金ね。(ポスティング移籍の)ダルビッシュは人身売買だよ、これは」

──なるほど。では川崎はどうやったらメジャーで数字を上げられるか、アドバイスを‥‥。

「日本に帰ってきなさいよ。ソフトバンクは今、川崎が必要なんだから。彼の実力ならトップクラスのスターになるんだから。ソフトバンクを、秋山(監督)を助けてやってよ」

──でも帰ってこない川崎にはやはり「喝!」ですか。

「『大喝!』ですよ」

──ダルビッシュも日本に戻るべきだ、と。

「あぁ、よけいなことを言わないで、早く帰ってきてもらいたいね」

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング