「急逝」志村けん、新型コロナによる重篤病状を招いた「要因」とは

アサ芸プラス / 2020年3月30日 17時30分

写真

 芸能人として「新型コロナ」患者であることが最初に明らかになった志村けんさんが3月29日夜に急逝した。享年70。爆笑コント王のまさかの訃報に芸能界のみならず日本中に衝撃と悲しみが広がっている。志村さんの感染が報じられた直後、大手お笑いプロダクションのマネージャーはこう明かしていた。

「ビックリしました。まさかあの志村さんがコロナに感染するなんて!ウチの事務所にも濃厚接触した芸人がいないか、発熱などの症状が出ていないか、会社から確認が厳命されています。中には、体調異変があり、しばらく自宅待機を命じられている芸人もいると聞いています」

 志村さんは、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)、「志村でナイト 」(フジテレビ系) など各局でレギュラー番組を掛け持ちしていて、番組共演者だけでも複数の濃厚接触者が疑われている。芸能界への波紋は広がるばかりだ。

 3月17日に倦怠感を感じ自宅静養した志村さんは、19日には発熱。診察訪問の医師の判断で20日に病院に搬送され入院。23日には「コロナ陽性」であることが確認されたという。その後、容体が急変、“重篤”な状態になり、懸命な治療が行われたが、力尽きた。

 3月31日発売の週刊アサヒ芸能4月9日号では、志村さんの「コロナ感染による重篤病状」を招いた「要因」について、詳細にレポートしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング