甘い処分では世間が許さない?Snow Man岩本、「未成年と飲酒」の代償

アサ芸プラス / 2020年4月1日 17時58分

写真

 ジャニーズ事務所の9人組グループSnow Manが音楽番組「CDTV ライブ!ライブ!」(TBS系)の初回4時間スペシャルに生出演したのは去る3月30日のこと。前日の29日にリーダー・岩本照の活動自粛を発表しているため8人で登場、冒頭で深澤辰哉が謝罪し全員が頭を下げた。

 27日発売の写真誌「FRIDAY」で、岩本が2017年に未成年の女性とホテルで飲酒したことが報じられ、29日深夜、ジャニーズ事務所より活動自粛が発表されていた。

 事務所公式サイトによると一定期間の活動自粛ということだが、ネット上では、NEWSの小山慶一郎が未成年女性との飲酒で20日間の活動自粛、HiHi Jetsメンバー2人が“ベッド写真”のネット流出で約3カ月間の謹慎という前例から、そう長くない期間での復帰を予想する声が多い。

「とはいえ、岩本は13年にファンへの殴打事件を報じられており、スキャンダルは2度目。HiHi Jetsメンバーよりも長くなるとの見方や、“脱退すべき”という声も少なくありません」(芸能ライター)

 実際、今回の未成年飲酒騒動は各所に影響を及ぼしているようだ。

「メンバーが出演する複合遊戯施設『ラウンドワン』のCMが4月1日放送予定ということで、『ラウンドワン』の特設ホームページがあったのですが、報道後は消滅。ファンはCMが放送されるのか危惧しています。また25日に放送された単発冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)の地方での放送が別番組に差し替えられ、これも騒動の影響とみるファンは多いようです」(前出・芸能ライター)

 2年前の出来事とはいえ、華々しいデビューからわずか2カ月で勃発したリーダーのスキャンダル。Snow Manの前途は意外に厳しいのかもしれない。

(鈴木十朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング