吉永小百合「多情交遊の履歴書」(4)忘年会で使用済み水着をオークションに

アサ芸プラス / 2013年8月14日 10時0分

 結婚後の吉永は「多情交遊」に磨きがかかる。前出・芸能ライターが回想する。

「同じ早稲田大学出身でラグビー日本代表の本城和彦(53)にご執心。清原和博(45)には私信を送っています。吉永はもともと、熱狂的な巨人ファン。ところが、あの“空白の一日”の江川事件を境に嫌いになった。同じく早稲田OBで西武グループ元オーナー・堤義明氏にスキーを教わるのをきっかけに、西武ファンへと転換。西武ドームで観戦したり始球式に登板したりもしました。西武不動産からは、軽井沢の別荘を超格安で購入してもいる。その西武に清原が入団したことで、応援するようになった。ワイルドなタイプが好きになったんでしょうか」

 こうした若いスポーツマンに入れ込むというのは、「まだ彼女の中で燃えるもの‥‥肉欲があったのかもしれませんね。少年隊の東山紀之(46)の対談連載には、みずから望んで出演したと聞きます」(前出・芸能ライター)

 さらには「文化人キラー」の一面も。

「対談、インタビューなどで会うと、皆、小百合ちゃんにメロメロになった。筑紫哲也(故人)、加藤諦三(75・早大理工学部元教授)、和田誠(77)‥‥」(中平氏)

 そんな中、86年に吉永史上最初にして唯一の「スキャンダル」が発覚する。当時41歳の吉永が、東映社長の御曹子の映画プロデューサー(当時)・岡田裕介氏と、岡田氏の自宅で密会。車に乗ったそのツーショットを写真誌「フォーカス」に撮られたのだった。独身の岡田氏は、吉永主演の映画がクランクイン間近で、彼女に台本を読んでほしいと頼まれた、と釈明。吉永は自宅1階で待機し、自身は2階で台本を読んでいた、と。「ご想像のような男女関係などとんでもない」と、不倫疑惑を全否定している。映画関係者が言う。

「2人の関係は東映社内でもかねてから噂にはなっていました。このスキャンダル報道後、小百合は『悔しい!』と漏らしています」

 これも多情で奔放な一面なのだろうか。

 奔放といえば、雑誌「話の特集」主催の、一般ファンも参加する忘年会で、驚きの光景が見られたという。中平氏が語る。

「編集長だった矢崎泰久氏から聞いた話ですが、小百合ちゃんにまつわる数字を当てるゲームがあったそうです。確か、スリーサイズなどだったと。正解者には小百合ちゃんのキスをあげるというご褒美。するとファンがピタリと当ててしまったのです。あとは、彼女が着用した水着をオークションにかける企画もあった。もちろん、洗濯したものですが」

 何とも大胆な。今にしてみれば、とんでもない「お宝」ではないか。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング