AKB48大島優子×テリー伊藤(2)「卒業」じゃなくて「お休み」制度がおもしろい

アサ芸プラス / 2013年8月16日 10時0分

大島 私は女優として活動し続けたい、という目標があるんですけど、例えば、SMAPさんはすばらしいなと思うんですよ。アイドルを続けながら俳優としても活躍されているし。

テリー SMAPは40歳を超えてもアイドルなんだから、大島もいけるよ。

大島 でも、男と女の差がすごくあると思うんです。

テリー そうかな?

大島 男性は30歳から、というか、シワが増えるほど格好いいじゃないですか。シブくなって、色気も増して。私は、女性としては、顔のシワも自然に‥‥っていうタイプなんです。でもそれは「アイドル」とは違うのかなって思うんですよ。

テリー でも大島はさ、芸能人としての身体能力がすごく優れていると思う。だからAKB48にいながらにして、役者をやったっていいじゃん。

大島 もしもそれができたら、確かに新しい道ではありますよね。

テリー 新しいだろう。

大島 でもAKB48もやりながら役者をするとなると、アイドルの大島優子が芝居をやってる、ということになるじゃないですか。そのアイドルのイメージは、もちろん自分自身が挑戦していくものだとは思うんです。ただ、演技をする時、観ていただく方にとっては、歌やバラエティに出る時のイメージがないほうがいい、というのはあると思うんです。

テリー それって、固定観念にとらわれすぎてない? 俺は、今まで誰もやったことがないことを、大島ならできるような気がするんだよな~。

大島 私は秋元才加は、できるんじゃないかなとずっと思ってたんですよ。もともとアイドルのイメージがあまり強くないほうだと思うので。でも、彼女は卒業しちゃうから‥‥。

テリー だから大島しかいないじゃん。あとは、たかみな。

大島 でも、たかみなは「歌手になりたい」と。

テリー じゃあ、AKB48を2~3年休んで、ニューヨークへ歌の勉強に行けばいいんだよ。

大島 あ、もしそういう機会があるなら、私はずっとやってられるような気もしますね(笑)。

テリー 海外で歌や芝居や語学を勉強して、帰って来てまたAKB48に入ったっていいじゃない。

大島 学んだことをAKB48で発揮することによって、ほかのメンバーの刺激にもなるし、AKB48自体をより魅力的なグループに成長させてくれそうだっていう意味でもいいかもしれないですね。それがほんとに通るのであれば、絶対チャレンジしてみたいですね。

テリー じゃあ秋元さんに提案するよ。ちょっと1年、旅に出してみたらどうですかって。休み制度、おもしろいじゃん。

大島 私はAKB48のステージに立たなくなってしまったら、自分の輝くポイントが半減してしまうかもしれないとは思っているんですよ。「ステージに立ってる大島優子がいい」と言ってくださる方がすごく多いし、自分でもホントに楽しいし。

テリー 俺もそう思う。ステージに立っている大島優子は、まぶしいんだよ。そんな楽しいことを無理して捨てたり、離れたりすることないじゃない。

大島 そうかもしれないですね。もし卒業したら、それでもステージに立てるような活動の場を作れればいいな、とは思ったこともあるんですけど。でも結局それって、AKB48をやってるのと変わりはないわけじゃないですか。いつかもうホントに卒業するんだったら、歌い手としてステージに立つっていうことは、しちゃいけないのかもしれないな、とは思ったんです。

テリー それってストイックすぎるよな。だって、歌うって楽しいことなのに。

大島 もちろんそうです。貪欲なので、ホントは全部やりたいんです(笑)。

テリー じゃあ、俺のアイデアを考えてみてよ。

大島 でも、役者というステージに注力することで、今の倍以上の輝きを生み出し、自分の新たな一面を見られるかもしれないっていう思いもあるし、私を応援して下さっているファンの皆さんにも新しい大島優子を見せてあげられるかもしれない、見せてみたいっていう期待もあるんですよね。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング