立川志らく、渡部建へのコメントが「投げやり」「歯切れ悪し」で失笑の声続々

アサ芸プラス / 2020年6月16日 5時59分

写真

 落語家の立川志らくが6月11日、MCを務める情報番組「グッとラック!」(TBS系)に出演。お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建の不貞について言及した。

 この日、渡部の話題は番組のトップニュースとして扱われたが、志らくは「こうやってどんどん彼を責めることは、結局は奥さんをより苦しい方向に追い詰めているってことを我々も本当は気が付かなきゃいけないです。こんなのは家庭のことですからね。本当はほっときゃいいんです。だって芸人が女遊びしたってだけの話ですよ」とコメント。

 さらに「それをみんなで寄ってたかって攻撃する。リスクが大きすぎる、一般人と芸能人の。まるで殺人でも犯したような感じで袋叩きにあう。番組で取り上げておいて矛盾するんだけど、私の気持ちとしては家庭内で収めといてくれと。彼をこれ以上、社会的制裁を与えることないじゃないか。一生後悔してください、のうのうと生きてられますねって言ってる人いたけど、大きなお世話」と吐き捨てた。

 そこまで言い切るのであれば、そもそも番組で扱わなければいいと思うのだが、加えて本人にとって不都合な部分はお構いなし。これには視聴者もかなり呆れているようで、「なんだこの意味不明な渡部擁護は。だったら最初から特集しなければいいのに」「不貞ネタは志らく自身がコメントしづらいだろうからね。渡部を断罪したら、自分の奥さんを責めることになるからな」など、厳しい意見や「失笑の声」が殺到している。

「志らくは3月、妻で元アイドルの酒井莉加が、自身の弟子と不貞していた疑惑を週刊誌に報じられたばかり。酒井は志らくの妻という立場を利用して、若い男性に関係を迫っていたということですから、志らくの言葉が歯切れ悪いのも当然に思えてしまいますね」(芸能ライター)

 自分に都合の悪い“不貞ネタ”を追及できない志らくは、もはや情報番組に向いていない、と言われてもしかたがないのではないか。

(ケン高田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング