能年玲奈が「あまちゃん」撮影前に受けた恥ずかしい指摘

アサ芸プラス / 2013年8月30日 10時0分

「処女間違いなし!」

 手練の芸能記者たちが口を揃えて太鼓判を押すのが、今や国民的女優となった能年玲奈(20)である。芸能記者が語る。

「兵庫県の高校時代はパンクバンドを組んでいました。過激な印象ですが、どうみても『田舎のバンギャ(バンドをやっているギャル)』という感じでした。学校でも浮いたウワサはありませんでしたね」

 彼女は、アニメや漫画への造詣も深く、周囲からは「オタク」と思われているという。

「彼女のブログではマニアックなアニメや漫画の話も出てきており、オタク男子のウケは抜群。それが彼女の人気にも繋がっている」(前出・芸能記者)

 もちろん、こうした「声」は本人にも届いているようで、やはり自身のブログで、

「私はオタクじゃない!! 少しアニメや漫画に興味があり、ほんの少し詳しいだけだ!!」

 と、自身の趣味嗜好を認める書き込みをしている。出世作となった「あまちゃん」では主役を射止めたが、撮影前にこんな恥ずかしい指摘を受けていたと語るのは、芸能関係者である。

「それまで彼女は腕毛やすね毛などの手入れもしていなかったんです。見るに見かねた事務所スタッフが『そろそろ、ちゃんと剃ったほうがいい』とうながして、やっと脱毛処理をしたほどです」

 最終回に向けてますます盛り上がる「あまちゃん」だが、能年にとっては順風満帆とはいかない事情があるという。

「事務所や広告代理店が、彼女の次の出演作品に頭を悩ましているそうです。今回の役である『天野アキ』のイメージが強くなりすぎ、それを脱却できるかどうかは未知数です。次作でコケたら『結局あまちゃんが良かっただけか』となりかねません。オファーは殺到中のようですが、断っているものも多いそうです」(前出・芸能関係者)

 処女疑惑を生かして、次作もピュアキャラのほうがよさそうだが。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング