中学の頃のアドレスはまさかの…!手越祐也、ジャニーズでは言えなかった過去

アサ芸プラス / 2020年7月8日 9時59分

写真

 ジャニーズ事務所を退所した手越祐也のYouTubeチャンネル〈手越祐也チャンネル〉、6月29日に3回目の投稿〈好きなことで、生きていく『手越祐也』〉を行った。初回、2回目は記者会見絡みだったが、今回は手越が現在の心境を包み隠さず語るといった内容となった。番組冒頭、手越はこう切り出した。

「ジャニーズ事務所を退所して何を話してもOKになったわけですよ」

 と、ジャニーズ関係者ならドキッとしてしまいそうな発言。先の記者会見も、事務所やマスコミが編集で心理操作できないようYouTubeでのライブ配信で実行していることからも手越の用意周到ぶりはなかなかなもの。

 ところが、手越が口にしたのは、中学3年生の頃、200から300人はいたというNHKで行われたジャニーズ事務所オーディション時を振り返った。

「狭き門ですよジャニーズは、凄い事務所だもん」と古巣の“アゲ発言”で、飛ぶ鳥跡を濁さずといった様子も見せたのだが…。

「後藤真希ちゃんからの辻ちゃんのファン。〈のん〉って書いてるハチマキ巻いてライブに行ってたからね」と、アイドルグループ〈モーニング娘。〉のファンクラブに入る程の〈モーヲタ〉だった事を告白したことには驚いた。何しろ、ハチマキを巻いてライブに行っていた手越が、その10か月後に〈NEWS〉でデビュー、音楽番組〈ミュージックステーション〉で〈モー娘。〉との共演を果たし、「すげーみんないい匂いすんのよ。興奮したよね」ともあけすけに語っているのだ。また、今だから言える話として、中学生の頃のアドレスは〈tsuji-nozomi0617〉だったちょっとイタめの過去まで告白。ちなみに、辻希美の誕生日は6月17日である…。

「この話初めてしたな。ジャニーズいたら絶対話せないからね」と、みずから爆笑して見せた手越。そして番組終盤には、

「もしこの動画を見てる人の中に私もチャレンジしようかな、オレもチャレンジしようかなって人がいたら1人でも増えてくれたらオレは最高に嬉しいし、チャレンジした甲斐があったなって思うから」とも語っており、現在のジャニーズ事務所を含めた芸能界に対する宣戦布告と読み取れなくもない発言に思える。

 いずれにしても手越劇場の幕は開いた。手始めに辻とのYouTubeコラボは見てみたい気もするが、夫婦円満、夫の杉浦太陽が黙っていない!?

(ユーチューブライター・所ひで)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング