「ハケンの品格」、“復活掛け合い”好評も指摘された篠原涼子「リアル肉厚変化」

アサ芸プラス / 2020年7月22日 9時58分

写真

「お仕事コメディドラマ」として高く評価されている「ハケンの品格」(日本テレビ系)。特に7月15日放送の第5話では、およそ13年前に放送された前作で大好評だった大泉洋演じる「くるくるパーマ」の東海林武と篠原涼子演じる「とっくり」の大前春子との掛け合いが復活した。

 春子から「くるくるパーマ」と呼ばれていた東海林は「枯れたマリモ」「腐れマリモ」「不祥事(ふ東海林)課長」などとグレードアップした“ディスりあだ名”で呼ばれながらも、残業しないことをポリシーとしている春子が東海林を助けるために徹夜残業を敢行。

 東海林が見舞われたデータ改ざん疑惑を晴らすために、シュレッダーにかけられた100人分のアンケート用紙を「ジグソーパズル検定1級」という資格を活かして復元した春子と、それを後から知らされた東海林の絆が深まるというストーリーだったのだ。

 ネット上では「神回決定」「この2人の掛け合いあってこそのハケンの品格」「とっくりとくるくるパーマの今後の仲が気になる」といった声が相次ぎ、視聴率も13.1%を獲得。初回からキープしている視聴率2ケタを更新した。

「リアリティの欠如を声高に叫ぶ視聴者がいる一方で、篠原と大泉が演じる“とっくりとくるくるパーマ”が作り上げる関係性の深さを支持する視聴者は非常に多い。ネット上では一部のアンチ視聴者から『このドラマにおけるリアリティは肉厚に進化した篠原のボディだけ』との指摘もあがっています。確かに第5話でオンエアされた篠原を横から見たボディラインは、第1話と比べて確実に分厚くなっており、第1話では見られなかったボタンを留めることで生じた不自然なシワがスーツの背中に見えました。ただ、それもまた、春子が人間としてさらに厚みを増したと解釈してしまえばすみます」(テレビ誌ライター)

 大泉が帰ってきたことで、今後の篠原との絡みがますます気になるところだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング