「子猫のお陰で判明」石田ゆり子、「似合わなすぎる真紅のつま先」が逆に激艶!

アサ芸プラス / 2020年7月30日 5時59分

写真

 女優の石田ゆり子が子猫を飼い始めたと明かしたのは7月1日のこと。5匹目となる猫の「バンビ」に石田は夢中で、インスタグラムはバンビの写真や動画であふれている。

「子猫が動き回る様子をとらえた動画があり、石田の家の様子がよくわかると評判になっています。猫ではなく、その周りにある家具や石田の私物に注目してい見ている人もいるようで、彼女の私生活が少しずつですが明らかになっています」(週刊誌記者)

 7月12日には子猫と靴を映した写真を公開。これにより石田の足のサイズが24センチであることが判明した。

 そして7月20日、今度は石田の足もとを走る子猫の写真が公開された。写真に写り込んだ石田の足を見ると、爪に真っ赤なフットネイルが施されているのがわかる。

「真紅のネイルはとても妖艶で、ナチュラルなイメージが強い石田には似合わない色です。こんな色のネイルをしていたなんて、驚きました。例えるなら、清純な女性が真紅の透けた素材のレースアンダーウエアを着ていたような感じです。似合わないのですが、逆に激しく興奮させられますね」(前出・週刊誌記者)

 子猫によって明らかになった石田の“裏の顔”。今後も子猫が、これまで見せたことがない石田の姿を見せてくれることがあるかも!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング