綾瀬はるか、交際報道を「完全否定」の“意味”とは?

アサ芸プラス / 2020年9月7日 17時58分

写真

 女優の綾瀬はるかが8月31日、「『コカ・コーラ ゼロ』リニューアル記念 #飲みレポ生配信」のオンラインイベントに出席。

 韓国俳優ノ・ミヌとの交際を一部で報じられていた綾瀬。イベント終了後、報道陣から 「熱愛は事実ですか?」と直撃されたが、「あっ、まったくありません」と否定。「事実ではないということ?」の念を押されても「はい、まったくありません。お疲れさまです」 と笑顔を見せて退場した。

 2人の“極秘2年交際”を「女性セブン」がスクープしたのは7月初旬。これに対しミヌのマネジメントをしている母親は「私生活については私の口から話すべきところではないので」 とアイマイな返答。

 一方、綾瀬の所属事務所は「交際は事実無根で1年半以上も会っていない」 と否定していた。

 しかし、その後に「週刊文春」が「綾瀬がミヌに結婚を迫った」と報じ、「フライデー」が過去に2人が「焼肉デート」していた写真を掲載。2人の関係がよくわからない状態が続いていた。

「綾瀬は、今年開催予定だった東京五輪のスポンサーと複数CM契約を結んでいます。なので、もし結婚の予定があれば五輪が終わってから動き出すだろうと、以前から芸能マスコミにマークされていました。そんな中で出てきたのが、ミヌとの交際報道。各報道を見ると、結婚を視野に交際中なのか、過去に交際していたが諸事情で結婚はやめたのか、そもそも交際していないのか、はっきりしません。ただ今回、コカコーラのイベントで『ただの友人です』ではなく、『まったくありません』と完全否定。大スポンサーのイベントでの発言ということで、少なくとも今後、交際や結婚がないことは、はっきりしたと思います」(芸能ライター)

 2人の関係がどんなものかは判然としないが、数多くのCMを抱えるトップ女優の結婚問題が一大事であることは、今回の2人の熱愛報道で改めて認識させられた格好だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング