共演者が戦々恐々とする能年玲奈のおねだり攻勢

アサ芸プラス / 2013年9月26日 10時0分

 収録終盤で突如、音楽に目覚めたというのが、ドラマ「あまちゃん」に出演していた能年玲奈だ。

 番組関係者が言う。

「彼女が音楽にハマるきっかけは小泉今日子さんでした。キョンキョンの昔のアルバムを聴いているうちに、出演者の中にミュージシャンやアイドルが多かったことを指摘され、出演者の過去のアルバムを集めるのが趣味になった」

 このアキちゃんのおねだり攻勢に、アーティストたちは戦々恐々。

「無頼鮨の大将役のピエール瀧は、かつて『人生』というバンドに在籍。その時の廃盤のレコードをねだられ、石野卓球にまで尋ねて回られたことをラジオで暴露されていた。他にも脚本のクドカンや北三陸高校教師の磯野心平、アイドルオタクのヒビキ一郎役の村杉蝉之助もメンバーの『グループ魂』 は、アルバムも全部ゲット。しかし、さすがに大吉さんが、元『紅麗威甦』 (グリース)だったことを知った時には『じぇじぇじぇ』すら出ないほど絶句していたそうです」(前出・番組関係者)

 まさか、このまま音楽の道には‥‥進みそうもないか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング