山口百恵「リマスター映像」に当時のファンが様々に指摘した「感動ポイント」!

アサ芸プラス / 2020年10月6日 17時58分

写真

 昭和の芸能史を語るうえで欠かせない存在の山口百恵。俳優の三浦友和との結婚を機に、トップスターでありながら芸能界を引退した。

 1980年10月5日、東京・日本武道館で行われたコンサートの最後の曲は、ファンへのメッセージソングともいえる「さよならの向う側」。ウエディングドレスを想起させる純白のドレス姿であふれる涙を隠しもせず熱唱し、舞台にマイクを置いて去るパフォーマンスは、伝説となった。

 このコンサートの収録素材を元に、映像を最新技術でリマスターした映像が10月3日、特集番組「伝説のコンサート 山口百恵」(BSプレミアム)として全編放送された。デビュー曲の「としごろ」、「プレイバック Part1」や「イミテイション・ゴールド」、「いい日旅立ち」「秋桜」などを歌唱している。

 視聴者からは「山口百恵の“最後の歌声”! 伝説の一夜。美しい」「当時は21歳ぐらいの百恵さん、圧倒的な風格と存在感と歌唱力。楽曲の素晴らしさもさることながら、これほどのスターはもう現れないのでしょう。とても貴重な映像に感謝です」「私も百恵ちゃんが引退した40年前にタイムスリップしました」など、懐かしさと当時のそれぞれの思いが交錯したようだ。

「5月29日には、600曲以上の楽曲がストリーミング配信されました。そして今回はNHKがラストコンサートを放送。これまで趣味のキルト作品発表以外は、表舞台に出ることはなかった百恵さんの映像が次々と公開され、まるで“百恵ちゃんイヤー”とファンは歓喜しています」(芸能ジャーナリスト)

 伝説から神話になった山口百恵ストーリーは、ファンの心の中で今も続いているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング