各局“新米”女子アナ、「新人王争い」でリードする“最強メンタル”な美女は!?

アサ芸プラス / 2020年10月13日 5時59分

写真

 プロ野球の短いシーズンも終盤を迎え、タイトル争いが過熱している。が、秋になって、女子アナ界では「新米」全員が登場。こちらの「新人王レース」も白熱中だ。今年度、入社した新人女子アナのうち、注目されるのは在京キー局の8人である。

 目下のところテレビでもっとも目にする機会が多い新人は、TBSの野村彩也子アナ(23)だ。9月26日、8時間生放送の「お笑いの日」で、ダウンタウンとの共演というド派手な地上波デビューを飾るや、数々の番組に出演。「あさチャン!」「ひるおび!」「ゴゴスマ」のレギュラーに抜擢されているのだ。

「『狂言師、野村萬斎の娘』として入社前から注目され、局内外からは心ない『コネ入社疑惑』までささやかれました。が、フタを開けてみれば、みごとに悪評をはねのけました。まだ原稿読みで噛んでしまうこともありますが、ヘコむことなく笑顔をみせている。すさまじい度胸に局内では『史上最強のメンタル新人』との呼び声が高まっています」(TBS関係者)

 それゆえ、野村アナへ期待度は一気にアップ。局内で「育成プロジェクト」が進められているという。

「10月4日放送の『アッコにおまかせ!』で『出川哲朗からリアクション術を学ぶ』という企画で『激辛シュークリーム』を食べさせられ、涙目になりシュークリームを吐き出していた。野村アナがどこまで体を張れるのかを見きわめたかったスタッフも大満足。今後はバラエティにも活躍の幅を広げそうです」(前出・TBS関係者)

 他にも、フジテレビの渡邊渚アナ(23)や日本テレビの石川みなみアナ(24)はド迫力ボディを武器に虎視眈々と野村アナを追撃。さらにテレビ朝日やNHKまで網羅して、新人女子アナの裏素顔と奮闘ぶりを10月13日発売の週刊アサヒ芸能10月22日号が詳しくレポートしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング