上戸彩、宮崎あおい…女優業でも長生きの秘訣?“筆まめ”芸能人の流儀とは

アサ芸プラス / 2020年10月30日 9時59分

写真

 俳優の窪田正孝が10月26日、都内の秋葉原UDXシアターで行われたアニメ映画「えんとつ町のプペル」(広田裕介監督、12月25日公開)ハロウィンスペシャルイベントに登壇した。

同作は累計50万部を突破したお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣の同名ベストセラー絵本が原作。えんとつだらけの「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年・ルビッチと、 ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間・プペルに起こる奇跡を描いている。

 プペルの声を担当した窪田は収録後、西野のマネージャーを通じて、起用理由などを書いた長文の手紙を受け取ったといい、「僕も長文で返させてもらってプチ文通というか。いい思い出」と明かした。

 ところで手紙といえば、芸能界では“筆まめ”が意外に多い。最近では、元なでしこジャパンの丸山桂里奈が、本番前の共演者への楽屋あいさつに駄菓子と手書きの付箋メモをつけて渡しにいくことがよく知られている。さらに美容家でタレントのIKKOも、共演者に挨拶する際、必ず差し入れとともに一筆添え、その達筆ぶりも知られている。

ほかにはこんな筆まめ女優がいるようだ。

「上戸彩は、日ごろお世話になっている人へお礼を伝えるためにレターセットを持ち歩いているとか。メールも使いますが、言いそびれたことを伝えるためや、連絡先を知らない人も多いので、手紙を書くそうです。杉咲花は小学生の頃から仕事でお世話になった人 に直筆で手紙を書いており、それが現場スタッフに好かれる理由の一つになっているという。宮崎あおいはふだんから手紙を書くことが多いようで、“好きな人の手書き文字は、 それだけで愛おしい”と、付箋のメモ書きなども手帳に貼ってとっておくといいます」(芸能ライター)

 確かにSNSより直筆の手紙ほうが、受け取った側も嬉しいものではある。

(鈴木十朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング