宇賀なつみ、パン線と突き出たデカヒップで明らかになった“超安産型”ボディ

アサ芸プラス / 2020年11月24日 13時20分

写真

 フリーアナの宇賀なつみが、また見せてくれた。

 宇賀は11月21日、南海キャンディーズ・山里亮太とともにMCを務める「土曜はナニする!?」(フジテレビ系)に出演。同番組ではたびたび肌にピッタリの衣装やミニ丈のスカートで、バストや下半身の際どい“デルタ地帯の奥”を披露してくれている。

「ところがこの週は一見、上下ともにモスグリーンのだぼっとした衣装で、肌見せも肩の一部分のみ。これは番組開始からハズレ回と宇賀ファンはがっかりしたことだと思います」(女子アナウオッチャー)

 ところが、である。立った状態で進行する宇賀を斜め後ろからカメラが捉えた際、ユルユルと思われていたボトムのヒップラインだけがくっきりと浮かび上がり、臀部の裂け目までが食い込むという事態が起きていたのだ。

「彼女のバストは推定Cカップとほどよい大きさが魅力なのですが、今回、証明されたのがヒップのボリューム感。かなりサイズに余裕のあるボトムにもかかわらず、あそこまでヒップだけがピタピタに強調されているということは、かなりの肉付きの良さであり、同時に理想な安産型とも言えますね」(前出・女子アナウオッチャー)

 番組では10分間で美ボディを目指す“ヒップの筋伸ばし”エクササイズを取り上げたのだが、ここでも宇賀はしっかりと期待に応えてくれた。

「下半身痩せや腰痛防止にもなるという“人魚風ヒップ伸ばし”でヨガマットに両手をつき片足のびを伸ばした際、その形の良いヒップがまたもやドーン突き出て、パン線らしきスジも露わになり、まさに興奮モノでした」(テレビウオッチャー)

 今後も宇賀の意外な「デカヒップぶり」に注目だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング