江口のりこ、ドラマ「♯リモラブ」に上がった“目元整形”疑惑の「真相」!

アサ芸プラス / 2020年12月1日 9時59分

写真

 放送中のドラマ「♯リモラブ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)で鐘木パルプコーポレーションの健康管理室に勤務する精神科医・富近ゆりを演じている江口のりこ。前クール放送の「半沢直樹」(TBS系)で演じた白いスーツがトレードマークの国土交通大臣・白井亜希子を好演したことで注目度が急上昇した。ハマリ役を演じた役者は、芸名でなくその時の役名で呼ばれる場合がよくあるが、江口はまさに今「カネパルの精神科の先生って白井大臣だよね?」「白井大臣が全然違うフェロモン系の精神科医をやってる」などと言われているようだ。

 それと同時にネット上では「江口は白井大臣を終えてから目元を美容整形したのではないか」という疑惑が指摘されている。

「江口は『半沢直樹』のあとに田中圭と山田涼介W主演ドラマ『キワドい2人‐K2‐池袋署刑事課 神崎・黒木』(TBS系)に出演し、彼らの同僚刑事を演じていましたが、その時にはまだ整形疑惑は聞こえていませんでした。疑惑が指摘されるようになったのは『♯リモラブ』からで、目元を大きくしたのではないかと指摘する声があるようです。しかし江口は典型的な奥二重で、アイシャドウの塗り方を変えるだけで目元の印象がガラリと違って見えるんです。実は、昨夏に放送された多部未華子主演ドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK)で帰国子女の麻吹美華を演じた時にも、江口が目元の整形をしたのではないかとの声があがったんです。しかしよく見たら濃いアイシャドウと太いアイラインが整形したかのように見えただけという検証結果に。今回の整形疑惑も、じきにメイクによるものだと気付かれるのでは」(女性誌記者)

 まるで別人のように仕上げる化粧法が“詐欺メイク”、美容整形したかのように見える化粧法が“整形メイク”と呼ばれているが、江口はどちらの化粧法もよく映える顔立ちだと言えるだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング