「バス旅」田中要次&羽田圭介挑む難解ルートに救いのマドンナジンクスが!?

アサ芸プラス / 2020年12月26日 9時58分

写真

 田中要次と羽田圭介の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の最新回が12月26日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送されることが発表された。第15弾となる今回は和歌山県の高野口駅をスタートし、賢島と湯の峰温泉を経由して、紀伊半島の最南端に位置する潮岬を目指す。どうやらかなりの難関ルートになりそうだ。

「高野口から紀伊半島の東側沿岸をぐるりと周るルートです。実はこの逆周りと言っていいルートを太川陽介と蛭子能収の旧コンビは15年放送の第21弾で経験しています。この時、太川はこれまでで一番むずかしいルートだと話している。田中と羽田にとっても難ルートになるのは間違いありません」(テレビ誌ライター)

 賢島と湯の峰温泉の2つのチェックポイントによって、コース選びはより難しくなりそうだ。ただ歩く距離は少なくて済むかもしれない。

「県境をまたいで運行する路線バスは少ないので、いつも歩いて越えることになるのですが、今回はそれがありません。2つのチェックポイントも観光地なので、バスのつながりはいいでしょう。そしてマドンナが鈴木杏樹ということで、歩きは少ないと思われます。バス旅のジンクスに『マドンナの年齢が高い場合、歩きは少ない』というのがあります(笑)。実際、第13弾はマドンナが東ちづるで歩いた距離は約28kmと少なめです」(前出・テレビ誌ライター)

 12月21日に週刊誌の連載で結婚したことを発表した羽田圭介。見事と旅を成功させて、自身の結婚に華を添えることができるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング